人気ブログランキング |

f0364260_13352151.jpg

前回の記事のつづき。


作家宮尾登美子の文体が好きで、エッセイを若い頃よく読んだ。
小説は1冊も読んでいないが、映画化を通じて花柳界(この表現でいいのか?)という、普通の人なら書けない世界で生きる女の人生をたくさん描いていることはわかっていた。


彼女はとてもめずらしい人だ。

彼女の父親は娼家を経営していた人で母親とは離婚したので、彼女は父方で育てられた。
生家の家業については長く恥ととらえていたようだ。


その父親が亡くなって遺品を整理したとき、親族が誰も興味をもたなかった父親の仕事上の記録帳のようなものを見つけ、彼女がもらい受けた。
その遺品によると、日本内地から満州方面まで娼館で働く女性を集めて連れていくような仕事もしていたことがわかった。
その際のお金の出納も記録されていたと記憶している。
このあたりはもうはるか昔の読書歴なので、私の記憶はあいまいだ。
とにかくかなり貴重な資料を偶然入手したおかげで、表にでにくい父親の仕事を反映した小説を書くことができた。


正式になんと呼べばいいのかわからないけれど、彼女の父親の仕事は○○紹介業というのかな。
こういう仕事があることが印象に残った。

そういえば、日本映画でこういう紹介業の男が若い女を家からつれていくシーンは何度か見たことがある。

娼婦のいるところに必ず○○紹介業につく男の存在があった。


彼女は長く父親の仕事に対してコンプレックスをかかえてきたが、自分にしか書けない小説を手がけることで跳ね返した。


明治以降、東南アジア各地に日本町ができると、娼館の需要が生じた。
ノンフィクション作家山崎朋子は、日本に帰国して地方の片隅でひっそり生きている元娼婦だった老女と何とか接触することに成功し、信頼関係を築いて話しを聞き取り、『サンダカン八番娼館』を世に出した。

このノンフィクションは話題になったし、よく読まれたし、本は読んでいなくても、多くの人がからゆきさんという娼婦たちの存在を事実として受け入れた。

今でもビルマには帰国できなかったからゆきさんたちのお墓が残されている。


戦前、朝鮮半島にいた植民者の日本の人はみな優雅に暮らしていたのだろうと思っていのだが、父の話しによると、ものすごく苦労していた人も少なくなかったらしい。
何とか聞き取れた一例が、病気をもち、やせ衰えているにもかかわらず無理に客をとらされていた娼婦だという。

戦争中、もう内地では娼婦のなり手が見つけにくい状況があったのではないかと思っている。

もちろん当時の朝鮮半島では現地のKoreanが経営する娼館も多かったのだろう。


戦後、中国東北部から開拓民が避難していく途上で、ソ連兵から陵辱を受けた女性は少なくない。他の若い女を守るために、自ら進み出て犠牲になった女の話しも読んだことがある。

終戦まもない頃、日本列島に上陸した米兵がみな行儀のいい人だったはずがない。
振る舞いの悪さは現在も数は少ないかもしれないが、ずっと続いている。


五味川純平の『人間の条件』には開拓民の一人の女子高生が一人の日本兵にレイプされたり、中国の捕虜の男が目の前で日本兵に自分の妻が輪姦されたと語るくだりもあったと思う。

アグネス・スメドレーの『偉大なる道』でも、どこかの市長が日本の将校を接待するために宴会を開いたが、自分の妻をその場でレイプされたというくだりがあった。

もっとさかのぼれば、義和団の乱を制圧するためにきた西洋列強の将兵たち、南京事件での日本兵、そして内戦時の国民党軍によってどれだけ多くの中国の女が陵辱を受けてきたかが書かれている。


近代のはじまりから戦争時の、強者による弱い立場の女へのレイプや輪姦など枚挙にいとまがない。


こういう売買春や将兵たちによるレイプが公然と行われる時代を背景に従軍慰安婦が出てきたことになる。

つづく



by far-east2040 | 2019-08-30 13:56 | 戦争の記憶

f0364260_06414653.jpg


前回からのつづき。

娼婦や従軍慰安婦についての募集は戦前・戦中も大ぴっらにやれるものではないし、誰でもやれることでもなかったと思う。

やはりうまくやれる人が必要だったのでは?


従軍慰安婦の発案は軍・官だととらえている。


軍・官 ⇒ 公職についていた ⇒ 民間の    ⇒ 不遇な状況 

      親日派       ○○紹介業者   にいた女

            

少なくとも当時は国内であった朝鮮半島ではこのような流れがあったと考える。


発案した日本の軍・官が直接手を出して集めることはしていないと思う。
繰り返しになるが、レイプ以外の接触は考えにくい。


行政職につく親日派は、当時として現地のKoreanから見ればかなり高給をもらっていたので、たとえ口に出して指示されなくても忖度して必死に動く人がいたのではないか。
こういう人たちはいつでもどこにでもいる。
そして実際集めるのはやはりプロだと思う。
集めるにはことばがいる。


従軍慰安婦は、親日派の公務員や○○紹介業者によって甘言にだまされたとか、逃げようがないとか他に何もないという悲惨な状況下で観念して戦地に連れていかれた不遇な女たちと今の見識では考える。

それまでにレイプされているケースも多い?


解放当時、親日派の人で徴用の募集に関することや、従軍慰安婦についてはさらに○○紹介業者で事情を証言できる人たちはいたと思うが、表には絶対出れなかっただろう。


解放後まもなく朝鮮半島で命の危険を感じた人たちがいた。

父の証言によれば、一般的に日本の植民者たちは誰ひとり危害を加えられることなく帰国したといっていた。
少なくとも朝鮮半島南部では断言できるといっていた。
父は「あれだけおさえられていたのに、引き揚げ準備をする日本の人たちにかわいそうに、かわいそうにと同情していた」と。

満州から朝鮮半島を南下して引き揚げてきた状況を綴った藤原ていの『流れる星は生きている』を読んでも、同じようにKoreanの民衆から心情的に助けられたようなことを書いている。


ところが、人の供出に関わった親日派の人たちは情け容赦なく報復を加えられた。
逃げてもどこまでも探し出してきて、人民裁判のような形で死に近い制裁を加えられたと、これは父の証言。


解放後の政治情勢はさらに混乱し、朝鮮戦争が起こる。


その前に、194843日に有名な済州島四・三事件が起こる。


島民の5人に1人が虐殺されたといわれる。

レイプもあっただろう。

この事件の原因はいろいろいわれていてとてもややこしい。

ひょっとしたらややこしくさせられたのかな。


本土からきた警備隊第九連隊の金益烈連隊長がこの悲惨な状況下で民衆側の代表とも和解交渉に成功していくのだが、米軍の干渉とかが入り混沌としていく。


その後金益烈は軍人として長寿をまっとうし、家族に死後開封するようにと「四・三の事実」という遺稿集を遺していた。

新幹社から『済州島四・三事件 記憶と真実』が出版されているが、付録としてその遺稿集の翻訳が掲載されている。

金益烈は、この事件の真実を知る人は朝鮮戦争でほとんど死んでいると語り、最前線のトップとして現場にいた立場から、この事件の事実を自分の死後明らかになることを望んだ。

そのなかではっきり「米軍政の失政によって島民と警察が衝突した事件」と書いている。


この遺稿集を読んだとき、四・三事件を知る第一級の資料だと思ったし、金益烈の生き延びた軍人としての責任のとり方に感動した。


徴用や従軍慰安婦について証言できた人を朝鮮戦争でも多く失っている。


国際的な視野に立った法的な解決の仕方、謝罪の仕方についてはよくわからない。


ただ、あの時代悲惨な境遇にいた女性たちの存在を元従軍慰安婦だった老女の証言で知ることができた。

さらにフィリピンやインドネシアでも日本軍の従軍慰安婦をさせられた現地の女がいたことを知った。

従軍慰安婦以外の犠牲者も名乗り出てきた。


老女たちが名乗り出た功績と受け止める人は少なくないと思う。

たとえ銅像という形でも、もうメディアなどの被写体として無防備に姿をあらわすことはやめてほしい。


メディアからはなれた静かなところで、元従軍慰安婦だった老女と向き合った韓国の女性による何らかの表現作品を翻訳されたものとして読みたかった。



by far-east2040 | 2019-08-25 09:00 | 戦争の記憶

アジア図書館と留学生


f0364260_10572185.jpg


若い頃、スタッフとして働いていた民間が運営するアジア図書館は、夕方から夜にかけてアジア各国から来た留学生を講師に迎え、「アジア図書館のアジア語学スクール」として少人数の語学教室を運営していた。

今もそれは続いているが、規模は少し小さくなっていると想像する。

大阪の人気のある住宅地が多い北摂地域や梅田、神戸、京都にも阪急電車で繋がっていて通勤、通学途中の下車で通うことができるので、駅前の小さなビルはアジアの留学生や語学を勉強しながら交流を求める人たちが集まったものだった。
1990年前後、生徒数はピーク時で400人ぐらいはいたように思う。昼間開設していたアジア図書館の閲覧コーナーをそのまま教室として使うので、蔵書に囲まれた知的雰囲気は民間の語学教室にはない特徴だった。

こういうところに来る人のほとんどは学生か安定した職についていたので、休暇を利用してアジア各国へ旅行する人が多かった。あの頃は圧倒的に東南アジアが若者を引きつけていたように思う。旅行をきっかけに語学を学びたい、留学生と交流したいとこんな小さな場所に足を運んでくれた。


留学生はほとんど日本の文部省が学費や生活費を負担する国費の留学生だった。

運営する側はお金がないし、集う市民からも安い料金で場を提供していたので、経済的に困らない国費留学生は有難かった。

彼らは安い講師料にもかかわらず、喜んで引き受けてくれた。そして自分が勉学を終えて帰国するときには後輩の国費留学生を連れてきて引き継ぎしてくれたので、こちらは人材確保の心配がいらない。


彼らはみな本国でむずかしい選抜試験を受けて合格して来ているので、優秀で、穏やかな性格や身についたマナーは育ちのよさを感じさせる好青年が多かった。なかには第一志望のアメリカ留学に落ちたので日本に来たという人もいたが、彼らに親しみを持って接する市民が多いので、みな日本人に対して好意的な感情を持っていたと思う。  
 
特に東南アジア、南アジアからの国費留学生は知的エリートとして、帰国後はそれぞれの研究分野での活躍が期待されるような人材と写った。国費留学生の住宅は留学生会館と呼ばれるような施設があるので、住宅を探す際の家主とのトラブルはない。彼らは間違いなく知日家、親日家と呼ばれる存在になっていると思う。

国費留学生に係る経費は、親日家やビジネス関係のかんたんな通訳を育てていると考えると高いものとは思わない。将来の投資なんだと私は考えていたが。


韓国や台湾、中国については、私費の留学生も多いという印象を受けた。同じ資本主義社会の韓国、台湾については、本国の親元からのある程度の送金が期待できる一定層以上の家庭出身と想像はできた。

しかし中国からの留学生については、未だにどうやって物価の高い日本での学費や生活費を捻出していたのか不思議だった。現在とは違い、当時は富裕層なんて言葉も知らなかったし、ショッピング目的で観光地に怒涛のように押し寄せる中国人なんて想像もできない時代だった。
ときおり、したたかな人が多かったと好意的に思い出している。



by far-east2040 | 2016-07-20 08:46 | アジア図書館

アジアの名前あれこれ


f0364260_10212583.jpg


震災半年前こんなこと考えてけれど、のんびりしてたなと思う。


結婚の形態がすごく変わってきているので、名前に関しては、これからはビルマのように婚姻や血の繋がりなどに重きを置かないで、単に「Aさん」「Bさん」「Cさん」のように個体の認識のみ使われる世界になっていくような感じがする。つまり個人としてああだこうだと主張し合ってるネットの中の世界。

全世界を視野に入れて名前を考えるだけもいろいろなことが見えてきそうだ。



                                          2010-09-20公開


朝鮮半島が日本の植民地になっていた頃の政策「創氏改名」を調べる機会があって、氏や姓、ファミリーネームについて考えたことがある。

日本の苗字は血縁集団ではなく、「家」の名前である。
かつて儒教文化圏にいた民族は血縁集団の名前である姓(苗字同様に姓がない階層もいたらしいが、ここでは考えない)を使う。漢民族や朝鮮民族、ベトナム民族など。血縁関係を表しているので、婚姻関係で変わることはない。一つ屋根の下に暮らす一族では、配偶者として嫁いできた女性だけが別の姓を持っていることになる。  

一方イスラム教文化圏内では姓や苗字を持たず個人名だけである。
むかしマレーシアの女性に、名前の後ろに「アリ」とか「モハメッド」に似たごつごつした男性をイメージする名前が付いていたので訊いてみた。
○○はお父さんの名前で、□□はお祖父さんの名前」と答えられて、儒教社会の姓のように父系を表現する努力を感じて納得できた。この名前の表現方法はモンゴル人も同じで、朝青龍の本名もこういう構造になっているはず。

ミャンマー(ビルマ)について調べることがあった。この国も多民族社会で、多分マジョリティに関する情報だと思うけれど、名前については個人名しかないとのこと。その個人名に母系はもちろん父系も表現する慣習がないらしい。つまり一つ屋根の下に暮らす家族はみなバラバラの名前しかないことになる。びっくり!
ネット上のニックネームのような世界かな。私にはなかなか理解しにくい状態で、「不便じゃないのかな」と思ってしまう。
しかし食べることや生きることに、また政治的に不自由はあっても、名前に関しては不自由はしていない。逆に世界的に見て女性の地位はそれほど低くないということをデータを使って説明していた。

以上は私が持っているアジアにおける各民族の名前の情報である。他の民族のことはわからないし、頭の中はすっきりと整理されていない。

というわけで、アジア全体を見渡して、名前について各民族の時系列の変化や現在の状況について書かれた一般向けの本を読みたいと思っている。




by far-east2040 | 2016-06-24 10:37 | 言語・文化・民俗……