f0364260_19400785.jpg

「これは、中国人民解放軍の総司令官朱徳将軍の生涯の、六十歳の時までの物語である」


で始まる、アグネス・スメドレーが実際に朱徳から聞き取りをしてアメリカで編集し、日本で阿部知二の翻訳で1955年に単行本として出版されたこの本がずっと好きだった。


アジア図書館がすべての蔵書を一覧できるように配架していた時期に、中国コーナーの天井に近い棚の上に納まっていた。

わざわざ台を持ってきて手に取るまでは時間はなかったので、とうとう眺めるだけで辞めてしまった。


単行本で記憶では全体に変色していたので、1955年に発行された本が、中国に関心を持った読者の手をへて、アジア図書館にやってきたことになる。

アジア図書館という場ではいろいろな本や文章に出会ったので、きっとこの本を推す真摯な文章を目にしたのだろう。

だから、アメリカ人女性が書いたこの本のことを気にかけていたと思い出す。

用事があってその棚の近くにくると、見上げたりしたものだった。

その頃は朱徳のことはほとんど知らなかった。


実際に読んだのは、子育てが落ち着いた頃だった。

この本をアカやマルクス主義者、共産主義者というレッテルを貼って避けるのはもったいないぐらい、中国の貧農の生活ぶりが細かく記録されていて、この種の歴史的記録文書として貴重な証言集だと思う。

直接農民から聞き取りをしているのだから、他には見当たらないだろう。


ラジオなど何もない時代、農民がどうやって外の世界の情報を得たかも、毎年定期的に泊っていく職人がもたらしたとわかって興味深かった。

たぶん東アジアの農耕民族は似たり寄ったりではないかと思った。

もちろん一人の英雄史、一人の男性史としても面白く読めた。


ベルギー人の母と中国人の父をもつハン・スーインが、動乱の中国の現代史を家の歴史を絡ませてみずからが書いた「自伝的中国現代史」シリーズも興味深い本だった。

この本は、当時の中国の特権階級の生活ぶりを通して、中国の近現代史を読者にわかりやすく解説している。
生い立ちから受けた自らの傷口を癒すために書かれていて感動する本だった。

この本は同じ女性ということもあって、大好きな1冊だった。


『偉大なる道』はハン・スーインと同じように客家出身ではあるが、貧農で本来ならば教育を受ける機会もなかったような朱徳から、アグネス・スメドレーが聞き取りをしていった記録になっている。

まだ革命途上にあった。


「あなたが農民だからです。いまのお国の十人の中の八人は農民です。しかも一人も、世界に向って自分のことを話さなかったのです。もしあなたが私に身の上話をして下さったならば、ここにはじめて農民が口をひらいた、ということになります」


とスメドレーから申し出を受けても、朱徳は最初は断っている。


「待ちなさい。もっと眼を広くして、色々な人に会ってから決めなさい」と。


そして他のもっと劇的な人物たちを勧められた。

しかしアグネス・スメドレーは「中国の農民は劇的ではないのだ」と思い、朱徳からの聞き取りを固執した。

彼女のいってることは正しく、農民しかも貧農の記録なんて過去においてなかったのだから、これは彼女の洞察がするどかった。


それとこの本の魅力は、女性しかも文化の違うアメリカ人が聞き取りをしているところだ。
男対女ということで、多少の照れや遠慮も働いただろうし、互いに共感するところもあり、この組み合わせは他にないのではと思っている。


出版に際しても、アメリカではその頃マッカーシー旋風がアメリカ全土を覆い、彼女の本は危険な書物として一掃された。
彼女自身の生きる場も追われるような状況にいた。


ところが、日本では雑誌『世界』に翻訳が少し試しに連載されると高く評価され、連載が続き、出版までされ、朱徳の半生記が日本人には読まれることになった。

誰からも好まれる周恩来とはまた違った意味合いで、朱徳に敬愛の念を抱く日本人は多かったと思う。

私は一番あとからこの日本人の列に加わったことになるかも知れない。


アジア図書館の蔵書の中でアジアを知る1冊を選べといわれたら、人によっていろいろな読み方ができるこの本を挙げると思う。

話しはそれるが、北京オリンピックの開会式のイベントでは漢字の誕生あたりから表現していて、さすがに中国だと気よく観ていたが、毛沢東はもちろん朱徳たちの長征など建国の苦労がまったく触れられてなくがっかりした。
ここを無視したか……
かわいい女の子の口パク問題より残念で覚めてしまった。

ひょっとしたら、根っこはいっしょの問題だったかも知れない。


ということで、アジアで圧倒的多数だった農民の生活を描き、欧米列強や日本にあれだけ蝕まれた国を再建するために、半生を革命に捧げた一人の英雄史として出版できた奇跡に感謝する。



[PR]
by far-east2040 | 2016-10-05 19:55 | 『偉大なる道』

f0364260_10314628.jpg
              韓国ドラマ「黄金時代」オフィシャルサイトより借用


このドラマは「友情」と「擬似家族」もテーマにしているように私は見えた。
日本以上に「家族」や「一族」意識の強い儒教伝統社会において、親以外の血縁がほとんど出てこなかったことが印象深い。

焦点をしぼるために、あえて主人公たちをみな一人っ子にしたのではないかとさへ推測している。

特に上層階級のチェフンも婚約者も兄弟姉妹の存在がドラマの中ではまったくなかったので、一人っ子のように見えたが、現実ではありえない。
銀行の資産を巡る攻防を描いているので、普通は兄弟や従兄弟等々何らかの一族が出てくるものだと思うが。

別に韓国だけのことではないが、お金があるところにはいろいろな親族が集まってくるものだと思う。


そのあたりの確執がまったくなかったので、このドラマは血縁関係とは別の世界で、純粋な信頼にもとづく人間関係を描くことに成功しているように思えた。

また最終話まで飽きずに観れたのは、民族系銀行の頭取であった父を殺害されて孤児になったヒギョンが、恵まれない境遇の中でけなげに生きていく姿への好感と、ヒギョンが誰と最後は結ばれるかという好奇心のためだった。

婚約者のいるチェフンだったが、カンチョル同様、ヒギョンの近くで好青年として存在していたからだった。
さらにドラマはややこしくて、ヒギョンの父親の殺害に関わっているのが、チェフンとカンチョルの父親だった。

チェフンの父親は上昇志向型人間ゆえの野心と野望があった。
カンチョルの父親は誠実だが貧しい境遇ゆえに持つ「弱さ」があった。
チェフンとカンチョルはそれぞれの親の動機を知った。どうなるか?
うーん
想像していなかったけれど、結末には納得できた。

時間の余裕ができたら、韓国語の勉強を兼ねて、もう一度主人公たちに会いたいと思っている。


[PR]
by far-east2040 | 2016-10-04 10:35 | 生き方・友情……

f0364260_23172567.jpg
              韓国ドラマ「黄金時代」のオフィシャルサイトより借用

戦中、日本の銀行との確執で民族系銀行の頭取であるチェフンは苦悩の日々を送っていた。
そんな時に、彼がカンチョルに「親日派(韓国語でチニルパ)ではない」という内容のセリフを語っていたシーンが印象に残った。

いい意味合いでは使われていないことを再確認した。

日本語の「親日」ということばには、ほとんど悪いイメージはない。

韓国語の「親日派」は日韓併合以来「反民族的な響き」を伴うことは免れていないようだ。
定義がむずかしく、あいまいなまま使われているような感じもする。

簡単にいえば「日本の植民地行政に対して協力的な立場をとった政治家、軍人、知識人、文化人、官公庁の役人など」となるのだろうか。

確信犯もいただろうが、「協力的な立場」にいることの葛藤は大なり小なりあったと思う。
現在の韓国でも「親日派」の罪を問う法や風潮があるらしい。詳しいことはわからないので、ここまで。

戦中の面事務所に勤める下級官吏の末端だった父も、いつのまにか親日派と呼ばれるグループに属する人間であることに気がついた。

当時健康な日本人男子は戦地にいっていたので、面事務所では管理職だけが日本人で、他は現地採用の朝鮮半島出身者が多かったという。

この管理職の日本人は戦地に行かなくてもよかったのだから、45歳以上の中年になると思われる。

父の周辺では、思想を取締まる刑事も朝鮮半島出身者が担っていたという。
因みに父が面事務所に着いた初日に、この刑事から「思想」を調べるために徹底的な持ち物検査を受けたらしい。
こういう人たちとともに「親日派」と呼ばれていた。

戦中の徴用については、父の周辺では親日派と呼ばれる人たちが中心になって担っていたようだ。このあたりはデリケートな問題になると感じている。


この徴用はどうしても「強要」になってしまう。日本本土では健康な男子は戦地に行き、女・子どもは軍需工場に動員されて、本土決戦に備えて準備がなされていた時代だから、朝鮮半島出身者の徴用先はより労働環境の悪い炭鉱あたりだということはわかっていた。
「お国のために」と自ら積極的に動員されることを望む朝鮮半島出身者はほとんどいなかったというのは、少し想像力を働かせれば当然のことだと思う。


この徴用(強制連行というやや強い表現をする人もいる)で日本に来た人の手記をいくつか目を通したことがあるが、実際に誰に寝ているときや働いているときに無理やり連れて来られたかということを書いていることはほとんどなかった。

言いにくかったか書きにくかったのではないだろうか。

これは親日派と呼ばれた朝鮮半島出身者だろう。管理職がこんなことはしないだろうし、現場でこんなことができる日本人男子はとっくに戦地に行ってるはず。


父は一度だけ徴用のために男を連れ出す現場を目撃している。

夜間に新婚家庭の寝込みに入り、男を連れ出したと。

親日派と呼ばれる人たちがやったのだが、まだ若い父は現場の見張り役をさせられたらしい。

この記憶を父はずっと抱えてきたと思う。

おそらくこういう話題に興味を持っていた私にしか話していないのではないか。


こういう話を聞いている頃は慰安婦についてもニュースで話題になっていたが、慰安婦の件は父の記憶にはないと語っていた。

しかし元慰安婦の証言をする老いた姿をテレビで見ていると深く同情し、「誰か証言してやったらいいのに」といっていた。

こういうことを証言するために表に出てくるのはかなりむずかしいし、おそらく解放後の混乱期や朝鮮戦争ですでに命を失ったと思える。


話を戻すと、1945年8月の解放後、「親日派」に属していた父ではあったが、末端の技術者だったことと「人の供出」に直接は関わっていないということで、身体的な迫害はまったく受けていないといっていた。


父の身体検査をした刑事はおそらく徴用にも濃厚に関わっていたのだと思う。解放後すぐに公開の裁判のようなものにかけられて大変だったらしい。逃げてもどこまでも追求するぐらいの恨みは買っていたらしい。

父から聞き取りをして発見したことは、解放後、身の危険を感じた人は人の供出に直接関わった親日派と呼ばれる朝鮮半島出身者だったということ。


その一方で日本の植民者やその家族は周囲から「かわいそうに」といって同情を寄せられながら、整然と帰国していったらしい。

父は何も悪いことはしていないけれど、解放後は過去の経歴を語ると、「親日派か」と特別視される傾向はどこまでもついてまわったという。

チェフンのセリフから父の「生きにくさ」を発見した。


[PR]
by far-east2040 | 2016-10-03 23:23 | 父からの聞き取り

f0364260_15450473.jpg

ドラマの中で背景として時おり写る遠景の山の姿を見て思うことがあった。

朝鮮半島にも山の幸をもたらしたり、人が隠れたり、または虎が出てくるような鬱蒼と茂る山ももちろんあるだろう。

そういう山を背景にした民話や絵本を見たことがあるし、徴兵制に反対する若者が山に逃げたという事実もある。

しかし、ドラマだけを観ていると、主人公の子役時代も戦中時代も木々が豊かに生い茂る山が登場するシーンが少なかったように思う。

若い頃読んだ本の中に、韓国の釜山の町の背景に写る山肌を見た日本人識者と在日か韓国人の識者の会話があったことを思い出した。
日本人の識者が日本の山と違って「はげ山」であることを率直な感想として口にしたので、「植民地時代に伐採されてしまったから、こうなってしまったんですよ」というような内容で返すと、その日本人識者は何もいえなくなったというようなくだりが、哀感を帯びた文章で書かれてあった。

これを読んで、私も「そうなんだ」としみじみとした感慨を持ったものだった。
もっと時代を遡ったころに似た話しを亡くなった父から聞いていたので、確認したような感じだった。

父も「韓国の山がはげているのは、植民地時代に日本が木を切ったかららしい」という不確かな伝聞を語ったことがある。
父は経歴からこういう論調には傾きにくい傾向があって、半信半疑で受け止めていたように見えた。


ドラマを観て、はげ山の伝聞は狭い世界で流布した「誇張された情報」ではなかったかと再考する瞬間を持った。

植民地時代、朝鮮半島から日本に持っていかれてしまったものはあると私は考えている。
これは揺るがない。

日本人なら「お国のために」と多少の例外があるにしても、気持ちよく差し出せたかもしれないが、朝鮮半島出身者は神社参拝や宮城遥拝、日の丸掲揚というような様々な方法で忠誠を強制されても、日本人が到達した程度の精神を持つことはできなかった。

もちろん朝鮮半島出身者にも親日派と呼ばれた文化人や知識人のような例外があった。しかし反日の立場をとる人はもちろん普通の庶民の感覚でも持っていかれたとなると思う。

話を戻すと、「はげ山」になっている理由を100パーセント日本の植民地時代のせいにするのは、科学的ではないことはちょっと考えたらわかるのにと今思う。
36年間でどれだけの伐採事業がやれるかな。

木材の需要があるとすれば、鉄道の枕木? と素人は考えてみるが。

日本の高度経済成長期以来の急激な家具や住宅の需要をまかなうためにインドネシアなどの森林破壊が問題になったことがあるが、これと比べても無理があると思う。

気候風土、きびしい冬を越すための燃料、植林意識、朝鮮戦争、などの要因もあると思うのだが。

現代よりももっと感情的なしこりを強く持っていた人が多かった時代、複合的な要因を考える余裕が持てなかったこと、特定の思考へ傾く勢いがあったことをちょっと振りかえることができた。



[PR]
by far-east2040 | 2016-10-02 15:54 | 父からの聞き取り