f0364260_09203740.jpg


1930年の1月から3月まで、朱徳は紅軍主力の司令官として、旧雲南軍に対して迅速にして激烈をきわめた作戦をみずから指導した。

この雲南軍は、かつて彼が旅団長をしていたことがあるのだが、いまは蒋介石の命令で「紅匪」を撃破し根絶するために江西省へひきかえしてきていたのである。

6月までに、この雲南軍の諸部隊はめちゃくちゃに粉砕され、すっかり不満をいだいて離反してしまったので、蒋介石は彼らを新しい部隊と交代しなければならなくなった。


雲南軍の崩壊のしかたは、朱将軍をとてもよろこばせた。

彼の語りによると、雲南軍の諸部隊は、上官の命令をサボタージュしただけでなく、農民を使いにして朱徳のもとへ定期的に報告を送ってきたのである。

また、非常にたくさんの兵士が、農民に1ドルか2ドルをはらって、一番近くにいる紅軍の部隊へ案内されてやってきた。


作戦を開始した1月のはじめ、雲南軍の「掃匪司令」羅炳輝大佐は、一個連隊の部下をひきいて紅軍に加わり、13年後ついにたおれるまで紅軍の陣営でたたかった。


この特別な作戦のあいだ、やはり諸部隊を指揮していた毛沢東はただちに、あらたに解放された地域の再組織と再建にとりかかった。
朱将軍は、できるだけ多くの若い農民を召集し、組織するまではほんの少しの時間も惜しんでじっとしていなかった。


いつものように、多くの市や町や村々に人民代表会議(ソビエト)をつくりあげたのち、すべての古い税金が廃棄された、と朱将軍は当時を回想しながらいった。

そのかわり、穀物の収穫に対する、単一の累進税をとりいれた。

紅軍が、自分たちの補給を敵からの鹵獲(ろかく)品でまかなうようになってからは、税金収入はすべて再建にあてるようになった。

高利貸しとアヘンは厳禁され、抵当証券と借金証文は返済され、小学校と各種の合作社がつくられ、最初の小さな農民銀行が設立された。



[PR]
# by far-east2040 | 2018-12-13 09:00 | 第7巻「上杭の歌」改編

f0364260_09202188.jpg



大衆の武装力である紅軍だけが、中国人民のこの貧窮と従属に、革命的な解決をもたらすことができる、と毛沢東は言明した。

しかし、この目的を達成するためには、紅軍に一定の改革をおこなうことが必要である。
彼が将来の政策について大会に提案した決議は、朱徳そのほかの指導者たちと長時間にわたって協議したうえでつくられたものであった。


まず第一に、軍と党の上級機関が決定をおこない、そのあと兵士たちのあいだで十分な理解と承認が得られるまで、これらの方針を討議させることが必要である。
こうすることによって、多くの軍事的敗北をもたらしたてきたこれまでのやり方を逆転させることができる、と毛沢東はいう。


第二に、紅軍内の「絶対的平等主義」はやめなければならない。

なぜならば、これも不統一をもたらし、しばしば敗北をもたらしてきたからである。
これまで、紅軍は、食糧衣類の分配、荷物の運搬、宿舎の分配とその順位、さらに馬の使用に関してありとあらゆる差別待遇に反対してきた。

彼らは、病人や負傷者にたいする特別な食事にさえ反対し、まただれであろうと、みな年齢や性別あるいは肉体的能力を無視して、同じ分量の荷物をかつぐことを主張し、だれであろうと、馬にのる指揮官は非民主的であると批判した。


食糧と衣服は、兵士と指揮官とのあいだでは平等に分配し、またそうするべきである。
しかし、病人と負傷者には特別な配慮が必要である、と毛沢東はいった。

人は誰でもほかの人とまったく同じ重さの荷物をかつげるとは限らない、そういうことは、能力に応じて決定されなければならない。

軍の中のある組織は、任務を遂行するためには、一般よりも大きな宿舎やより多くの要員を必要としている。

あるいはまた、馬に乗って移動した将校は、夜になって兵士たちが眠りについてからもずっとおそくまで仕事をしているのである。


毛沢東は、紅軍内のインテリたちが彼らの「観念論的」傾向を克服するよう、主張した。
こういう人たちは、社会問題、軍事、政治問題を具体的に研究し、事実にもとづいて結論に達することをしないで、自分たちの頭の中だけで抽象的理論をこねあげている、と彼はいう。


大会は毛沢東の決議を採決した。
それから、紅軍代表者たちはそれぞれの部隊に帰って、全体会議をひらき、決議が承認されるまで討議をつづけた。


朱将軍は、この改革の結果、軍隊はいちじるしく強化され、江西省の中部と南部全体を解放することができるようになるだけでなく、かつて失った福建西部の多くの城市もふたたび占領することができるようになるだろう、と考えた。


中央ソビエト区として知られているこの地域は、その後、しだいに拡大し、江西福建両省の大部分を包含するようになった。



[PR]
# by far-east2040 | 2018-12-12 09:00 | 第7巻「上杭の歌」改編

f0364260_09200275.jpg


古田の紅軍代表者大会で朱将軍は、紅軍成立以来のあらゆる行動を回顧しながら、年次軍事報告をおこなった。

毛沢東は政治問題について報告したが、それは単に紅軍とソビエト地区についてだけではなく、国内情勢からさらに彼が知るかぎりの国際情勢にまでおよんだ。


毛沢東はこう報告した。

――現在は、きわめて不幸な時代である。

なぜならば、資本主義世界では経済の大恐慌がおこっており、外国帝国主義と結びついた国民党の支配体制は、中国をますます深く、植民地的従属状態にひきずりこんでいるからである。

国民党の独裁が成立してから3年足らずのあいだに――と毛は報告したが、この点については、朱徳も彼の報告において、同じ事実をのべたのである――、中国の鉱山や製鋼、製鉄、紡績工業の株式の大半が外国人の手中におちいった。
英国とベルギーの資本家は、有名な江西省大余のタングステン鉱山を買収しようとしている。

このことは、なぜこれらの外国の資本家が蒋介石に、紅軍を絶滅し、「平和と秩序」を回復せよ、と強硬に主張しているかを部分的に説明するものである。


中国はたえざる経済恐慌のなかにおかれている。
しかも、世界恐慌の深化にともなって中国の恐慌もいっそう激化している。
中国の大都市では数多くの工場が閉鎖され、あらたに何千もの労働者が失業者集団のなかになげこまれている。
今なお操業をつづけている工場では、賃金の安い子どもや婦人が青年男子にとってかわりつつあり、しかも、これらの子どもや婦人でさえ、死にものぐるいのストライキに立ちあがっては、こん棒と銃火で弾圧されている。
物価は下落し、蒋介石と馮玉祥将軍との華北における新しい戦争は、さらに数百万の農民を破産に追いこんでいる。
これらの農民たちは、匪賊や浮浪者に転落したり、その日の一碗の米をえるために軍閥軍の兵隊になったりしている。



[PR]
# by far-east2040 | 2018-12-11 09:00 | 第7巻「上杭の歌」改編

f0364260_09195188.jpg


その付近には6百人のパルチザンがいた。
そのうち2百人近くは、1年ばかり前、朱徳と毛沢東にしたがって井岡山の封鎖を突破した紅軍の古参兵だった。

彼らは一年前のきびしい冬、この山岳地帯一帯で紅軍が死にものぐるいの戦闘をつづけていた当時、病気にかかったり、負傷したりしたため、回復するまで農民のもとにのこされた人たちだった。

当時、この連中はそれぞれ小銃と数発の弾丸をあたえられ、全快したときには、農民のパルチザン戦争を組織し指導するように、いいわたされていたのである。


生きのこったものは、みな命令通りに行動した。

彼らはたがいに連絡をとりながら、小さな連隊を組織した。

この連隊は、親にあたる紅軍を模範とし、各分隊の政治工作員にいたるまでそっくりそのまま組織されていた。
紅軍に帰隊した彼らは、そこで、朱徳らを安全なパルチザン地帯に案内した。

朱将軍は、ここで休養することができ、福建にいる毛沢東へ使者を送った。


使者は、つぎのような報告をもって帰ってきた。

――朱徳がいなくなってから、上杭はじめ全城市が強力な敵軍に占領された。

しかし、農村は依然として人民の手中にある。

毛沢東は、福建省の山地の安全なソビエト区、古田に撤退した。

そして、この古田で、長いあいだ計画されてきた第九回紅軍代表者大会をきたる1930年1月1日にひらくことになった。

それはわずか2週間後にせまっていた。

朱徳の指揮下の各中隊は、大会への代表を選出することになった。


古田への道を戦いつづけながら、朱徳は上杭をもう一度占領しようとこころみた。

これは失敗したが、汀州では敵軍を数日間追っぱらうことができた。
しかし、すぐに敵の増援部隊が到着したので、結局放棄せざるをえなくなった。

朱徳は元旦の朝早く古田に到着した。

村人たちは、朱徳と彼の部隊がまるで大勝利をおさめて凱旋してきたように歓迎した。


「その年は豊作だった」と朱徳は話題をかえて話しだした。
「地主を追いだして、その土地を分配してから、人民は自分たちも十分に食べ、そのあまりを紅軍に提供できるようになった。
彼らは数千人の群になって、古田地区へあつまってきた。
みな、それぞれ自分の布団と一週間分の食糧をもち、どの集団もわれわれへのおくりものをもってきた。
大量の米をもち、鶏やあひるをかかえ、豚や牛までおいながらやってきたので、われわれは正月用の肉を十分に食べることができた。


「わが軍と人民はいっしょに料理し、いっしょに食べた。

夜になると、通りは、太鼓やドラや破裂する爆竹の音や歌声でわきかえるようだった。彩色した数千のちょうちんの光りに照らされて、紙でつくった竜がおどりまわった。
私は新しい歌をつくったが、パルチザンたちがそれをうたいながら行進した。

その歌はこうだーー


 「お前も貧乏、おれも貧乏、

 十人ならば、九人は貧乏。

 この九人が腕をくんだら、

 虎地主なぞ、ふっとんでしまうぞ」



[PR]
# by far-east2040 | 2018-12-10 09:00 | 第7巻「上杭の歌」改編

f0364260_09193583.jpg


上杭にはいってからわずか数日後、朱徳はふたたび行軍を開始し、福建南部一帯の敵軍を掃討した。

10月の末になって、朱徳と彼の部隊はついに福建南部に隣接する広東省東江地方へ突入した。

この地方は、かつて2年前、有名な「鉄軍」が撃破されたところであった。

今回も、朱徳はふたたび第十九路軍に敗北を喫した。

第十九路軍は、十分に装備した三個師団全部でおそいかかってきたのである。
朱徳は数百人の部下をうしなった。
しかし、彼にとっての最大の損失のひとつは、もっともかがやかしい、高い教育をうけた、紅軍司令官のひとりである連隊司令リュウ・アン・クンの戦死であった。

朱将軍の胸は、革命のあらゆる戦闘と、彼の指揮下に戦死したすべてのひとびとの名前をきざみこんだ目録のようなものである。


東江地方のゲリラ部隊を増援するために、二個中隊の義勇兵を残したうえで、11月の末、朱徳はふたたび北方へ撤退し、省境の山岳地帯をこえて、江西省へはいった。

この行軍のあいだじゅう、朱将軍は悲嘆にくれていた。


「国民党ならば、何千人の兵士をうしなおうが、そんなことはなんでもない」と彼は悲しそうにかたった。
「しかし、紅軍の兵士は、軍閥の野心にみちた勝負につかわれる将棋の駒ではない。
われわれは、たとえ戦闘にまけた場合でも、生きのこったひとりひとりの兵士が新しい軍隊をきずきあげ、革命をつづけることができるように、ひとりひとりの紅軍の兵士を教育してきた。
ひとりひとりが、革命の貴重な財産だったのだ」


朱徳はもちろん、中国にいだく彼の希望が実現されるまでには、数多くの敗北や、部分的な敗北を喫することもあるだろうし、何千人という人間が死んでゆくだろうということも十分承知していた。

しかし、朱徳は、彼の指揮下におこった、ひとつひとつの敗北、ひとりひとりの死にたいして、はげしい悲嘆を感じた。

彼は、部隊があらたに鹵獲(ろかく)した、数百の武器や弾薬その他の補給物資をもっているという事実で、みずからなぐさめようとつとめたが、それはできないことだった。

朱徳の憂うつがいくらか晴れたのは、広東―江西省境にそった山地で、一隊の農民パルチザンに出あったときだけだった。





[PR]
# by far-east2040 | 2018-12-09 09:00 | 第7巻「上杭の歌」改編