張将軍との決戦決意 『偉大なる道』第8巻①ー4

f0364260_09303357.jpg



朱将軍がいうには――いかに包みかくそうとも、紅軍は事実を見抜いたのであり、その明らかな事実とは、国民党軍は、この反乱者にたいして何の行動にも出なかった、ということである。

しまいには、東固の農民たちは、事実を知って、逃亡して元の部隊に帰ってきたのだが、そこでは彼らは、迎え入れられ、再編成され、再教育された。


しかしこの反乱のおかげで、国民党第十九路軍は興国を占領し、張輝サン将軍の第二十八師団は東固を占領した。

東固ではパルチザンと人民が敵とたたかったが、村々は破壊され、何百の人民が殺された。

最後に、彼らは東に逃げて、紅軍の本隊に合流した。


これが、朱徳と毛沢東や幕僚が張輝サン将軍の第十八師団に決戦をいどんで、本隊を粉砕しようと決意したときの、周囲の情勢であった。


朱将軍は、この戦闘がおこなわれた戦場の、略図をえがいていくれた。
そして、敵の司令部と部隊の配置、味方の司令部、戦闘部隊、予備隊、野戦病院、敵の捕虜収容施設なども示した。

また彼は、人民武装隊が配置された地点も示したが、彼らは、紅軍の補助部隊として、敵の小部隊や輸送隊を攻撃し、また一方では、紅軍のために輸送したり、戦場の負傷者を運搬したりした。


朱徳と毛沢東の司令部は、張輝サン将軍が司令部を置いた竜岡から、ほんの四マイルほどはなれた山村にあった。

張将軍の第二十八師団は、彼らの頭のすぐうえの東の方の東固の山を占め、第五十師団は北西のニントウにあった。

彭徳懐の紅軍第三軍団は、敵を牽制するため、竜岡と敵の第二十八師団と第五十師団とのあいだに展開していた。

南と西南に向かって一日の強行軍をすれば、国民党十九路軍のところに着くであろう。



by far-east2040 | 2019-01-08 09:00 | 第8巻「紅色方陣」改編