寧都、東固山地を占領 『偉大なる道』第6巻⑥ー6

f0364260_18430433.jpg


「農民工作の準備をさせるために」、勇敢な扇動者からなるいくつかの小部隊を先行させたうえで、紅軍は、数日後、江西省中央部の城壁をめぐらした都市、寧都を占領した。

地方守備隊と地主どもは、紅軍が近づくと、たちまち逃げだしてしまったが、商工会は、大昔からの慣習どおり、国民党の旗を引きおろして、赤旗をかかげ、紅軍にむかって、5千ドルの金と市の鍵をさしだした。


朱徳と毛沢東は、5千ドルはうけとったが、商工会の宴会への招待はことわった。

紅軍は、地主から食糧やその他の財産をすべて没収し、必要分以外は市の貧民に分配し、全市民の大衆集会をひらいた。

紅軍は、占領した町や市ではどこでもしたように、ここでも牢獄の扉をひらき、犯罪の内容はとわないで、すべての囚人を釈放した。

その理由について、朱将軍は、「犯罪は、階級の問題である」と言明した。
囚人の多くは政治犯で、手枷足枷をはめられ、ひどい拷問をうけて、一生なおらない不具者にされていた。
そのほかは食べ物や服を盗んだいう、個人財産に対するささいな犯罪で投獄された貧乏人であった。


寧都3日間とどまったのち、紅軍は、負傷者や病人や疲労したものを集め、地主から米や補給物資を没収したうえで、東固山地の基地に向かって西へと行軍を開始した。
そこはすでに、紅軍を歓迎する準備ができていたのである。


この東固への行軍は、まるで凱旋行進であった。

農民たちがとびだしてきて、負傷者や補給物資の運搬を手伝ってくれた。

東固基地にある竜岡の町は、農民運動の強力な中心地で、みなが紅軍を歓迎に出てきて、それぞれの家庭で紅軍を歓待したいと申し出てくれた。

ここで朱徳と毛沢東は、李文林にであった。
李は、黄埔軍官学校の出身で、一個中隊のゲリラをひきいて、紅軍を山に案内するためにやってきたのであった。



[PR]
by far-east2040 | 2018-08-28 09:00 | 第6巻「土地革命の開始」改編