広東コミューン 『偉大なる道』第6巻④ー1

f0364260_17433444.jpg


革命軍の分散した部隊が集結し、広東省北部の広東市から2、3日行程のところにあるショウ関市に達したときは、すでに12月半ばになっていた。

そのとき、彼らがいた地方一帯には、民団と「軍閥軍」――国民党軍全体とそのほかの反動軍をひっくるめて、朱徳はいつもこの名前で呼んでいたーーが、いっぱいむらがっていた。


朱徳の軍が、山地をとおりぬけてゆく道を探している最中、広東市の将校訓練連隊の武装した候補生たちの一個中隊と出くわした。

彼らは、しゃがれ声の歓声をあげながら、朱徳軍に向かって走ってきた。
これら候補生たちの話によると、広東市の蜂起は12月11日におこり、彼らと連隊も参加した。
しかし、この蜂起の中で結成された
広東コミューンは、3日後には、国民党軍と英国砲艦の共同攻撃によって打ち破られてしまった。
数千の労働者、農民、革命軍兵士に対する、ものすごい大虐殺がおこなわれた。

やっと逃げだした人びとは、小さな群れをつくって、この候補生たちの一隊と同じように、朱徳軍に加わって革命をつづけるために、こちらへたどりつこうと奮闘していた。


朱徳将軍がかたった、この時期における国内情勢の要約は、次のようなものであったーー

広東コミューンは、ありとあらゆる大衆運動にたいする、反革命テロの新しい波を招くことになった。

新たに加わった2百人の候補生を含めて、現在朱徳の直接指揮下にある工農革命軍の総数は、約1千7百人になった。

北方の茶陵には、5百人の漢口守備隊がおり、さらに、そこからあまり遠くない井岡山には、毛沢東が指揮する千人の部隊がいた。


賀竜将軍は湖南省北西部のどこかで再び農民軍を結集しつつあった。

農民指導者、方志敏は、江西省北東部で農民運動を指導していたし、また、黄埔軍官学校卒業生の一小集団は、江西省中央部の東固山岳地帯に革命基地をきずきあげようとしていた。

広東省東江地方では、彭湃がまだ「鉄軍」残存部隊と農民パルチザンとをひきいて活動していた。



[PR]
by far-east2040 | 2018-09-28 09:00 | 第6巻「土地革命の開始」改編