家族への告白 『偉大なる道』第2巻②ー8

f0364260_13432841.jpg


2、3日を養父の家ですごしたのちに、朱徳は、祖先伝来の家に実父母と祖父母をたずね、それからまたほかの親戚をたずねた。

どこへ行っても同じようにもてなされたが、たずねたその日がすぎると、自分は厄介者にされていて、みなは自分が出てゆくのを待っている、と彼は感じた。

祖先の家をたずねていたときに、ついに彼は嘘をついていたことを告白し、これから儀隴県で体育の先生をするといった。

そして、たたみ掛けるように、金にはなるのだから家の借金は返してゆける、と説明した。


「私の告白の反響は恐ろしいものだった」と朱将軍はいった。

「はじめに、打ちのめされたというような、ながい沈黙があった。
それから父が、体育とは何か、とたずねた。
私が説明すると、父は叫んだ。

家じゅうのものが、ひとりの息子に、餓死から救ってもらおうと、12年間も苦労して働いたあげく、わたしは子どもらに腕や足をふりまわすことを教えるんだ、と聞かされるのか、苦力(クーリー)でもそんなこたあできる、と叫んで、父は背を向けて、家を飛び出して、私がそこにいるあいだは、帰ってこなかった。
その晩、私は母の泣き声をききつづけた」


「あくる朝、私は、これから儀隴県に行って、友人が新学校をひらくのを手つだう、と宣言した。
みなは、ほっとしたという顔色をかくそうとしたが、私にはわかった。
母の目は、泣いたために赤くなって腫れていた。


「私は養父の家に帰った。
父が先まわりしていて、私が全家族の顔に泥を塗ったということを、すでに話していた。
私が、どうしてあんな嘘をつき、あんなことをやったのかを説明し言い訳しているあいだ、養父は黙りこんでじっとすわっていた。
私は、科挙の制度が変わったことも説明した。
つまり、これからは、受験者はすべて、私がいままで習わなかった新学問――自然科学、国際法、歴史、そのほかの科目を修得しなければならない。
旧式の塾などで習ったことは、ほとんど役に立たないことになった。
それに、とにかく、高級試験に合格したところで、役にありつこうとすれば、大変な額の賄賂を出さないといけない、などというのが私の論拠だった。

家は、そんな大金をそろえることはできない。

万一できたとしても、それを返却するために、私は堕落した役人になって、いままでの役人らと同様に、人民をしぼりあげないといけないだろうが――新しい中国は、潔白でなければならないと思う。

いま中国では大変化が起こっていて、そのなかで体育がどういう役割をもつか、ということも私は話した。



[PR]
by far-east2040 | 2018-04-28 09:00 | 第2巻「革命への道」改編