f0364260_11333516.jpg


さらにその夜に、報徳懐からの報告を持った伝令が到着した。

これは第二番目の伝令だった。
最初の伝令は捕えられ、殺された。
さて、彭の紅軍第三軍団は、二日二晩、敵軍第四十三師団――北方からきた軍――の前面と背面の両方に猛攻を加えて、山上の堡砦(ほうさい)をうばって、谷間に追い落とし、そこで半数を武装解除した、のこりは、水南にいる友軍第四十七師団のところに逃げた。


全西方戦線は今や紅軍の掌中にあった。

しかも朱将軍が2つの戦闘を回想するときの声は、機嫌が悪そうにひびいた。
どうしてかといえば、収穫は、小銃7千、その他、機関銃、臼砲、それに医療品と多量の糧食、弾薬、かなりの額の金、でしかなかった。
この貧弱な収穫は、彼の説明によれば、第二十八師団と四十三師団は、第一次掃共戦で壊滅された第十八師団の半分の大きさでしかなかったからだ。


朱徳と毛沢東は、解放された地区には、パルチザンといくつかの中隊の正規軍を展開させ、司令部は無電学校とともに、主力と合流したが、その主力は、紅軍史上もっとも劇的な攻撃に出るために動き出していた。


その軍が、第四十三師団の残存部隊が第四十七師団と合流して立てこもる水南の城壁にむかって進撃したとき、婦女子もふくめた数千の農民が、かごをかつぎ棍棒をかざして、部隊のまわりに渦巻きうごいた。

北方軍の一連隊が武装解除され、残りのものは、軍需品の大集積を置いたまま、東方に滑走した。

紅軍は、「おれたちの補給部隊」といいながら大笑いした。


朱徳がその軍需品をいそいで点検したとき、数千の農民はすでにそれを始末しているところだったが、朱が、「借りた米は、日を決めてちゃんと返す、とわしはいっただろ」というと、どっと笑った。



# by far-east2040 | 2019-01-21 09:00 | 第8巻「紅色方陣」改編

f0364260_11332359.jpg


敵の攻撃が開始される――朱徳はその正確な日時を知っていた――その前の三日間の夜のあいだ、紅軍の本隊は、吉安地方の敵の背面にむかって強行軍をおこなった。

敵の爆撃をさけて、夜だけ行進し、月のある夜にたたかった。
暗い夜には、夜明けに攻撃した。


戦闘は17日の夜に始まることになっていたが、一発の砲声も朱徳と毛沢東の耳に入ってこなかった。

さらに2日がすぎても、何らの報告もなく、戦闘の音も聞こえなかった。

黄公略の紅軍第三軍は、東固と吉安のあいだの前線を保持すること、一方報徳懐と、とくに林彪の部隊は敵の背後を攻撃することが、命令されていたが、黄からも何らの報がなく、谷間には何の響きもきこえなかった。


その沈黙は、あまりにも不気味だったので、朱徳は、彼の参謀長と、二個中隊の護衛をひきいて、調査のために山をおりて西にむかった。

ほとんど山麓におりてきて、2つの峰のあいだの狭い谷に入ったとき、だしぬけに、山上に向かって進撃しつつある第二十八師団の先鋒部隊と、鉢合わせをしてしまった。


「やっとのことで山腹の森林に入って散って、交戦しながら退くことができた」と朱将軍はいった。

「だが、敵が慎重にうごいているところを見ると、こちらの戦力を知りかねているのだ、ということは明白だった。
3時間後に、われわれが東固高原の近くまで引き、毛が、司令部と病院と民衆の撤退準備をしつつあったときに、敵が兵を退けはじめたのをしった。

遠くからの銃砲声がひびく……紅軍第三軍が第二十八師団の背後を衝いていたのだ。
そして、夜までには、その師団の大部分を武装解除した。

公秉藩将軍もその捕虜の中にいたが、彼は第一次作戦である教訓を学びとっていたので、階級章もつかぬ兵隊服をきて、兵の中にまじっていた。
われわれが捕虜の兵のひとりずつに3元をやって故郷に帰れと告げたときに、公将軍も列をつくってその3元をもらったが、……一生のうち、こんなはした金をもらったことはなかっただろう。

彼は、われわれを手玉に取ったが、われわれの方では、彼の銃砲と軍需品を取り、例の無電学校の生徒たちは、咽喉を鳴らしながら『手つかず』の彼の新無電機と技手を、受け取ったのだ」



# by far-east2040 | 2019-01-20 09:00 | 第8巻「紅色方陣」改編

f0364260_11331196.jpg
              何応欽(Wikiより借用)


5月のはじめに、南京政府の軍政部長何応欽を最高指揮官とする15万の国民党軍は堡砦線の後方の陣地についた。

その堡砦線は、そのときには、西は吉安から東は福建省の建寧まで、ジグザグに江西省を走り、その長さは約7百里、つまり約250マイルに及んでいた。

こうして第二次掃共戦が開始された。


朱将軍は、平然と、紅軍はこの敵の堡砦線についてのすべてを知っていた、といった。

つまり、構築のために強制労働させられた農民が、そのあり場所を告げたばかりでなく、その濠はどのくらい深く、それぞれの堡砦(ほうさい)がいくつの銃眼をもち、それぞれどのくらいの煉瓦と石が用いられたか、などまで説明し、さらに、地面に略図をかいて、そこにゆく抜け道まで詳細にしめしたからである。


「われわれは、第一次戦のときと同じ戦術を用いることにした。
それは、まず敵をその堡砦戦のうしろから出てこさせ、ソビエト地区、つまり紅軍と人民の勢力圏の中におびきよせ、迅速な大迂回行動をとって、その背面を攻撃して壊滅する、というのだ。
最初に東固と吉安との間で、第二十八師団ほか2個師団をたたくことに決めた。
われわれは、敵の堡砦線の後方の糧食弾薬の集積を必要としていたし、無電学校の連中は、第二十八師団の新式無電装備をほしがって、わいわいといっていた」


1931年5月16日の夜、朱徳と毛沢東は正規の紅軍と補助のパルチザン部隊に戦闘命令を出したのち、司令部を東固山岳地の要害にうつしたが、そこにはまた衛生部隊が、二つの後方基地病院を設営していた。
民衆は、勝利を信じてうたがわず、何千という数のものが、さまざまな地点にあつまったが、あるものは、紅軍の負傷兵をはこぶための、ありとあらゆる形の担架を用意し、またあるものは、捕獲した敵の軍需品をはこぶために、かごと担い棒をたずさえてきていた。


朱将軍は、農民の心の中に残っている古い封建意識については、包みかくすことなく、あからさまにかたった。

農民は、敵の負傷兵も紅軍病院にはこび、味方と同じように扱えという彼の命令に服従することをこばんだ。

大衆集会をひらいてみたが、朱は、近代戦争の法を説いてみてもむだだと知った。
農民たちは、敵の兵隊が、たとえ傷ついたとはいっても、相手を親切にあつかう、という理屈がわからなかった。
どう考えても、奴らは、自分たちをこの世から追っぱらいにやってきたものだ。
農民の心をいくらかでも動かす理屈があるとすれば、それはただ、敵といえども革命の味方に引き入れる、ということだったが、しかしその場合にも、彼らはいやな顔をし、中には腹を立てるものもあった。



# by far-east2040 | 2019-01-19 09:00 | 第8巻「紅色方陣」改編

f0364260_18214594.jpg


「われわれはまた、軍隊のために、軍事と政治の定時講義をし、文盲退治の運動を、いっそう強化した。

外部から、多くの知識階級出身者が入ってきて、われわれを助けた。

しかし、まだその数は足りず、われわれの軍医部隊は貧弱だった。

上海から印刷工、そのほか多くの都市から産業労働者が、敵の戦線をくぐって、われわれのところにきた。


「私はまた、新しい無電学校にも力を入れたが、それは第十八師団の無電機を捕獲したときに設立されたものだった。
主任の王ソウは、われわれに加盟するやいなや、新無電学校を組織した。
王は、いまもこの延安の無電学校長で、『無電の父』とよばれている。


「同志になると、王は敵の通信を傍受しはじめたが、それによると、公秉藩将軍の第二十八師団は新式の無電装備をもっていることがわかった。

こちらの無電学校の生徒は、大いにそれを欲しがったが、私もそれに大賛成だった。

また、敵の通信を傍受すると、敵はかねて、第二次掃滅作戦のために堡砦(ほうさい)を構築しつつあったが、それらの後方には軍需品や糧食が集積されている、ということも知った。

そうした堡砦(ほうさい)については、われわれは完全に知っていた、というのは、国民党は農民を徴発して築かせたからだ。


「4月のころには、われわれの糧食弾薬の問題は危機にせまってきたが、第二次の作戦のための蓄えを消費してしまうことを恐れて、農民から返却の日を決めて米を借りることにした。

農民たちは私に、期限をきったりして大丈夫か、ときくので、私は彼らに、今まで約束を破ったことはあるか、ときき返した。

彼らは、いやそんなことはなかった、といってみな大いに笑った。

というのは、農民はそれが何を意味するのかを知っていたからだ」――と、朱将軍は、誇らかにつけ加えた。


朱将軍が語りおわったときは、真夜中すぎだった。
彼は、蝋燭の灯かげに、白い強健な歯をきらめかせ、あくびをし、笑いながらいった。

「私の1931年の春の生活の、典型的な一日といえば、ざっとこうしたものだった」



# by far-east2040 | 2019-01-18 09:00 | 第8巻「紅色方陣」改編

f0364260_18213537.png


「1931年の3月はじめに、われわれは、上海で秘密にひらかれた党の第4回代表者会議で通過した決議を受けとった。

われわれもその会議に代表をおくった。
そしてその会議で李立三の方針が否決され、われわれの方針が確認された。

その時にわれわれが受けとった決議は、軍隊に体系的な教育をほどこすこと、軍とソビエトと民衆の諸組織との仕事の区分を明らかにすること、を指令していた。

会議はまた、1931年8月1日――南昌蜂起の4周年記念を期して、江西南部でひらかれる全中国ソビエト大会のための準備をすることを、われわれに要請した。


「われわれは決議の実践に取りかかった。

まずすべてのソビエト地区からの党代表の会議を召集し、それからふたたび司令部を、――今度はシャンタンという小さな山村にうつしたが、そこにはある豪家の祠堂があって、司令部と会議の代議員を収容するだけの広さをもっていた。


「会議はほとんど1ヵ月つづいた。

とくに8月1日の全中国ソビエト大会のための準備委員会を設定した。

しかし、まもなく敵の新作戦がはじまって、会議は、まず11月7日まで、それからまた12月11日まで、延期された。
12月11日は、広東コンミューンの記念日だった。


「シャンタンの会議には、私は常任幹部会のひとりとして、時には議長として出席したが、その会議によって、われわれの仕事は強化されていった。

そのとき以来、ソビエトと民衆の組織は、軍から独立することになった。


ソビエト内の個人的関係は――ある場合には大きな影響を持ってきたのだが――一掃され、すべてのソビエトすなわち評議会は、能率的な行政機関として、財政、土地、通信、地方武装隊、衛生、教育、生産、それから婦女子問題などを取りあつかった。

ソビエトは、村を基底とし、それから区、それから省と、ピラミッド型に組織された。
1931年の12月11日以後は、最高機関は、瑞金の中央ソビエト政府であり、首席は毛沢東であった。



# by far-east2040 | 2019-01-17 09:00 | 第8巻「紅色方陣」改編