f0364260_14521618.jpg


ビルマ・インパール作戦とは第二次世界大戦中の1944年3月から7月にかけて日本軍が実施したインド侵攻作戦だった。

インパールというのはインドとビルマ(現在のミャンマー)の国境に近いインドの都市で、そこにあるイギリスとインドの軍隊の大きな基地を攻撃するのが目的だった。

3000m級のアラカン山系が横たわっていて、少数民族しか住んでいないような不毛の土地だったらしい。そこを疲れきった将兵が物資やトラックを運びならが越えようというのだから、正気とは思えない作戦だった。

物資の補給など圧倒的に不利な戦いで、全体的には10万人以上の犠牲者を出しているらしい。

インドとビルマの国境あたりの山道は日本軍兵士の死体が野ざらしになり、「白骨街道」と呼ばれるようになったという。

学校教育の歴史授業ではまったく扱わないし、よほど個人的な関心を持つ機会を得た人を除いてほとんどみな知らないと思う。

イギリスの若者の方がひょっとしたら、学校教育の場で学習して知っているかも知れない。

1950年に製作された映画『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』」に描かれた「インパール作戦」が実相に近いものであるときく。

私も高校までの歴史授業の中で教わった記憶がないが、この映画を観たことがあるので、多少イメージはできるようになった。


アジア図書館にはこの「ビルマ戦線」「インパール作戦」を知るための資料が少なくとも公立図書館よりも揃っている。特集記事になっている雑誌もあった。

こんなに揃っている図書館がほかにあるだろうか。


戦記とか軍隊用語に慣れていない私が少しずつ興味を持って読み始めたのがこの作戦だったので、思い出深い。


この地域は熱帯雨林独特の雨季があって、雨の記載に特徴があった。

まるでホースの先端から出てくるような太くて強い雨粒が降ってきたとか、バケツの水を上からバシャンとかけられるような降り方だったとか、日本では経験しないような雨だったらしい。

だから将兵はぬかるんだ道を行軍し、泥だらけになる。


とくに参考になった資料は次の3冊。


『責任なき戦場ビルマ・インパール(ドキュメント太平洋戦争) NHK取材班

この本はテレビで放映されたものを書籍にしたものだが、テレビのドキュメンタリーの構成がよくて、当時何回も観るほど気にいっていた。

初心者はこの本から読み始めたらいいと思う。


『インパール』  高木俊朗

この方はその他インパール作戦関連の本をたくさん書いている。



『兵は死ね ―狂気のビルマ前線―』 大江一郎

著者は劇団の脚本関係の仕事をしていたが徴集されて中国戦線からビルマ戦線に参加した。

よく帰ってこれたなと思うぐらいのすさまじい経験をしていて、撤退したあとの高級将校たちの宿舎にやっとたどり着いたら、箱の中から芸者の華やかな色の腰紐がたくさん出てきたという意外な内容を読んだ記憶がある。


因みにインパール作戦の部隊を指揮した有名な牟田口廉也中将はお気に入りの芸者をビルマまで連れていっている話はどこかで読んだ。


従軍慰安婦について書かれた本を1冊も読んでなくて、断片的な知識でしかないけれど、朝鮮半島出身の従軍慰安婦は主にこのビルマ戦線に連れていかれたように思っている。ほとんど生きて帰れていないんじゃないかな。


この著者は徴集前まで劇団女優と同棲していて、やっと戻ってきたら、彼女は生活のために米兵相手に仕事をしていて堕胎もするという悲惨な状況にあった。

著者のルサンチマンが滲み出ているような感じがしてこの本は好きだった。


あと、1943年(昭和18年)4月、教養社から発行された『ビルマ戦記』や同じ年7月に大日本雄弁会講談社から発行された『大東亜戦争陸軍報道班員手記ビルマ建設戦』などの変色した戦中の本も目に付いた。

こういう本は貴重なので、貸し出しはできない。
 
1953年(昭和28年)7月、富士書苑から発行された『秘録大東亜戦史ビルマ篇』がおもしろかった。朝日新聞、読売新聞、時事通信社、共同通信社の記者が実際従軍しての現地報告集になっている。

「インパールの悲劇」と題して共同通信社の記者の文章を少しだけ紹介する。

「袋の中の鼠と思いきや、敵陣には煌々と丸い灯がともる。無謀な進撃にわが補給は絶え、アラカン山中滅びに行く兵士たち、それは枯れゆく根無草の運命に似ていた……

こういう本がさりげなく並んでいるところがアジア図書館らしい。



[PR]
by far-east2040 | 2016-08-22 14:57 | アジア図書館


f0364260_08501725.jpg


アジア図書館の東南アジアコーナーの書架で一番好きだったのはベトナムコーナーで、次いで興味を持ったのはビルマコーナーだった。

1989年にミャンマーと正式に国名を変えているので、書物の題名もビルマとミャンマーが混在している。
具体的には発行年によって「ビルマ」「ビルマ(ミャンマー)」「ミャンマー(ビルマ)」「ミャンマー」と4種類の表記があり、この国の抱える政治的な事情を感じさせてくれる。

現在はミャンマー連邦共和国が正式名称で、首都は2006年にヤンゴンからネピドーに移っている。普段の呼称はミャンマーでいいのかな。

6割を占めるビルマ族を筆頭にたくさんの少数民族からなる多民族国家で、文字も○が横に並んでいくように見えて愛嬌がある。但し学習するにはハードルが高そうだ。


「ビルマ」ということばになつかしさを感じるのはかなり高齢の方になる。

「ビルキチ」ということばを知ったのも、このコーナーの雑誌からであった。

太平洋戦争中ビルマに駐留した若い日本兵が今でもこの国に強い思い入れを持ち、「ビルマキチガイ」を略して自分たちを呼ぶことばらしい。もうすでに死語に限りなく近い。


ビルマ戦線から戻ってきた元将校や兵士の方はほとんど亡くなっていると思う。

アジア図書館で体験談の講演をしていただいた元将校の方もすでに亡くなっている。
棚に並んだ1冊を示し、この本に自分の名前が出てくるといっていた。

この方も生活が落ち着いてからは、アジアの留学生と積極的に交流しながら、日本語講師をかなり高齢で亡くなるまでやっていた。


戦後よく読まれた『ビルマの竪琴』の主人公水島上等兵に会えるのもこのコーナー。
作者竹山道雄は当初この本を児童書として書いている。
だから公立図書館では児童書コーナーに並んでいるはずである。しかしアジア図書館はアジアを理解するための資料に大人用、子ども用に分けて考えないので、文学の仕切りで隣り合わせに並ぶ。


内容的には子ども向けだし、著者はビルマ戦線を経験していないところもあって、「実際はあんなもんではない」となるようだ。

大人は、死んだ兵士の野ざらしの骨をきちんと弔うまで帰国しないと決断した主人公に感動してしまう。

誰からも好まれる作品だったと思う。ちょっと「忠臣蔵」みたい?
 
で、このコーナーで一番目に付くのは、太平洋戦争の「ビルマ戦線」の体験記である。

この種の体験記の数でいえば、ビルマコーナーが一番多かったのではないだろうか。
文学の仕切りではなくて、社会科学系の仕切りで並んでいたように記憶している。

「ビルマ・インパール作戦」をご存知の方は多くないと思う。現在はほとんど忘れられつつあるように見受けるが、戦中戦後いろいろな立場から書かれたものが出版されている。
書架を眺めていると、一時出版ブームがあったのではないかと思わせてくれる。
どちらかといえば、奇跡的に生き残った将兵たちの体験談という形でまとめられているのが多い。 

悲惨すぎてまともに扱った映画化なんてできないと思う。

戦死よりも栄養失調による病死がほとんどだったのではないだろうか。

戦後まもなくの頃はビルマ帰りといえば、地獄を見てきた人間のように周囲から見られたという内容を小説で読んだことがある。

1990年代、終戦記念日あたりにこのコーナーの前で「無駄死っていわれてたまるか」とつぶやいたご年配の男性を覚えている。世間の論からいったん離れて、戦死についてや「靖国神社」のことを考え始めたきっかけだった。

それまではほとんど靖国神社のことには関心がなかった。

今振り返ると、戦死した戦友のことを思う気持ちはわかるけれど、亡くなった人には感情なんてないので、「無駄死」を認めてしまうと、生き残った自分が救われないのではないかと強ばった姿から想像もできる。


現在の靖国神社は生き残った者の心の負担を軽くしてくれる国家的施設と考えている。

とりあえずここまで。



[PR]
by far-east2040 | 2016-08-20 08:54 | アジア図書館