f0364260_00395760.jpg


モンゴルの留学生としてモンゴル語の講師をしてくださったCさんはそんなに若い人ではなかったので、多分研究者として来られた人だったと思う。チンギス・ハンを中肉中背まで小さくして、温和な表情にした真面目で腰の低い男性だった。


私は多くの留学生と接していたので、モンゴル語の先生だからなんとなくモンゴルから来た留学生と捉えていた。
当時の私のモンゴルの知識は講演会などから得たお祭りのナーダムとかゲルという丸い家、ガウンのような服、草原を駆け抜ける馬とか、この程度の知識だった。


あるときCさんは中国からの留学生だという事実に接した。それまでの見識では納得できなかったのだろう、確かめるためにCさんが忙しそうにコピーを撮っている後ろ姿に「先生の国籍は中国ですか?」と尋ねた。

「はい、そうです」と手を休めず、ちらっと顔をこちらに向けて答えてくれた。

「じゃあ、中国語もできるんですか?」と続けて訊いた。

「あ、はい、そうです」と消えていくような声で返してくれた。



それまでモンゴルの政治的歴史的事情はほとんど知らなかったので、しばらく考えさせられるぐらいの驚きだった。私はこういうことに気に留めやすい人間でもあった。

Cさんは中国の内モンゴル自治区出身のモンゴル族の中国人だった。内モンゴル自治区では中国語とモンゴル語が公用語になっていた。


もう20数年もむかしの話になる。

Cさんに珍しいモンゴルのお話をしてもらうために小さな講演会を企画した。新聞なども好意的に紹介してくれたので、当日集会室は予想を越えて人が集まり、こちらは椅子を集めてきて用意するのが大変だった。

なんと名古屋から新幹線に乗ってこの講演を聞きに来た人もいた。


私が記憶する講演会で一番参加者が多かった。

講演を前にCさんも「モンゴルブームだから」といつもの小さな声でいったのだが、あまりうれしそうではなかった。


今こんな思い出を書くために1990年代初めがどうしてモンゴルブームだったのかと調べてみた。相撲取りの朝青龍の活躍はもっと後なので関係ない。


1991年12月 旧ソ連崩壊

1992年    モンゴル人民共和国をモンゴル国へと改称

         新憲法を制定し社会主義を放棄


こういう歴史の転換期にあり、モンゴルが日本にとって身近な国になって行く出発点だったのかと思う。それでモンゴルブームが創られてきたのかな。


朝青龍や白鵬などの相撲力士はみなモンゴル国出身で、Cさんとは違う。因みにモンゴル人は2つの地域を北モンゴル、南モンゴルと呼ぶとのこと。

Cさんはモンゴル語講座では縦書きの試し書きのような珍しいモンゴル文字も教えていた。この文字はモンゴル国ではもう使われていない。
これって民族分断の一つになるのでは?

一口にモンゴルといっても、歴史的に見れば複雑で奥が深い。


振り返ると、1990年代初頭のモンゴルブームはCさんにとってはちょっと距離を置いて眺めるものであったかも知れないと思い出している。

でも、中国語とモンゴル語を自由に話せるのは貴重だ。複数の言語を話せる方がこれからの時代何かと便利だと思うので、よかったようにも第三者からは見える。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-29 07:36 | アジア図書館


f0364260_16573725.jpg


私がアジア図書館で働き始めた頃のベトナム語教室の講師は難民の男性Sさんだった。いわゆるボートピープルと呼ばれる形でベトナム戦争後の社会を出国し、非常に危険な航海途上で救出され日本に難民として入ってきた人だった。
1990年頃だから、難民として日本に入国して、日本での生活にも慣れてきた頃だった。この方は生徒さんから人望があった。その後しばらくしてさらに別の国へ行かれたと聞いた。


インドシナ難民なんてもう最近は聞かないことばだけど、1975年頃にベトナム、ラオス、カンボジアのインドシナ三国が社会主義体制に変った際、その新体制になじめないとか迫害を受ける恐れがあるとかで海路で国を脱出した人達だった。
アジア図書館で働いたことによって、ラオスやカンボジアの難民とはまったく会う機会はなかったが、ベトナムの難民は何人かと会う機会はあった。


いろいろな情報に接して見ると、それぞれの国に華僑がいたし、ベトナムとラオス、カンボジアでは文化と顔つきも言葉も文字も違っていて、インドシナ三国という言葉では括れない複雑な事情を感じたものだった。


ベトナムが一昔前は日本や韓国と同じように漢字文化圏の国であることはあまり知られていなかったように思う。実際に接すると、基本的に勤勉であり、教育を尊ぶ傾向は儒教の影響を感じた。
そのせいだろう、本国で大学を出たり、また日本の援助団体の協力で日本の大学で学ぶ向学心の強い人たちが多いと思った。

傍から見ると、いわゆるキン族のベトナム人とベトナムに住む華僑の人たちの違いはわからない。ご本人たちはわかるようだが、ベトナム難民という一括りでは捉えられない確執もあったように当時は感じた。

ベトナムといへば、ベトナム戦争の悲惨なイメージがどうしてもつきまとうので、講師を囲む生徒さんたちは他の教室にはない独特の暖かさと社会的関心を持っていたように思う。
 

当時韓国の留学生にベトナムという国に対するイメージを訊いたことがある。国が分断したり同じ民族同士で戦争をしたという似たような悲劇を経験した国として、親密感はあるという内容を語っていた。その時の韓国人の「ベツナー」という英語らしい発音といっしょにずっと耳に残っている.


私は韓国語をもう少しブラッシュアップする必要性があったにもかかわらず、一人の生徒としてベトナム語教室に席を並べた。未知の言語に挑戦したかったことと、難民やベトナムという国に興味があったからだった。
しかし縁あって教えていただいた講師の先生はベトナム人留学生の夫人で、目に深みがある美しい人で、日本社会から好感を持って受け入れられる立ち居振る舞いをする気品のある女性Kさんだった。
第一印象は小柄な黒髪のフランス人だった。
 
K
さんはベトナムの民族楽器の琴を演奏する人でもあり、小さな国際交流の場で活躍されていた。細身の身体に身につけた民族衣装(チャイナドレスとパンタロンに似ている)と、小さなベレー帽のような頭飾りをつけたあでやかな姿で登場されると、ためいきが出そうだった。
統一後のベトナムで音楽教師をなさっていたので、教え方も上手で堂々としていた。
ベトナム語は私にはむずかしい言語で終わってしまったが、「人が変わった」ようにきびしい顔をして真剣に教えていただいた思い出は残っている。


K
さんがたまたまアジア図書館でベトナム難民の男性と会ったことがあった。気まずいのかなとちょっと心配したが、すぐに打ち解けて、お二人とも目を輝かせて故郷のベトナムの思い出話をされていた。抑揚のある早口のベトナム語で、まるで鳥のさえずりのように聞こえたものだった。
 
私は、統一後のベトナムで生きていくことに困難を感じて出国した人と、新たな社会で生きていく場を見出していった人を同時に見ていたことになる。
二人に共通しているのは、人としての良識とベトナム人として誇りを持ち、政治・イデオロギーにさほど熱くならないことだと思えた。
 
日本で微妙な立場の違いを越えて、はにかみながら話すお二人の姿を思い出すことができる。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-26 08:10 | アジア図書館

アジア図書館と中国語


f0364260_11325723.jpg


1990年始め頃のアジア図書館の語学スクールでは、中国語についてはレベルごとのクラス数が一番多かった。常連さんも中級クラス以上で学べる人も多かったし、生徒の年齢層にもはばがあった。

もともと全体的に女性の生徒が多いアジア語学スクールだが、中国語クラスは男性も多く、男女比は極端にならずバランスがとれていたような記憶がある。
 
あくまでも私の印象だが、タイ語やインドネシア語の生徒さんたちと比べて平均年齢が少し上がっていたと思う。そのせいか教室は大人の雰囲気があった。天井まで届く本棚の背を合わせただけの壁でコーナーを仕切っていたので、となりの「タイ語のクラス」から若い笑い声が聞こえてきたりすると、違いをいっそう感じたりもした。


講師で記憶に残る一人は私費留学生で、難関大学院に合格できるほどの優秀な男性だった。今はどうされているのかしら。中国に戻っているのかな。
アジア図書館は中国の有名な新聞も定期的に購読してファイルしていたので、授業が始まる前に熱心に読んでいた姿が思い浮かぶ。


ある日、彼から講師料を少し上げてもらえないかという相談を受けた。確かに安い講師料だと思っていたので、深く同情はしたが、例外を作るわけにはいかなかった。

現在も世間の相場よりもかなり安い講師料しか出せていないと思う。営利で運営していないので、金銭面は仕方がなく、もし不満があるならばよそでやってくださいとなると思う。


生活はしっかり政府から保証されていた国費留学生と生活すべてを自分でまかなわなければならない私費留学生の余裕の差は歴然としていた。
 
学校教育を受けた中国人はバイリンガルであることもここで知った。中国人は自分の出身地域によって家庭で使われることばが違うからである。

この事実を知っている日本人はどのくらいいるかな。この事実を認識するだけで、中国の国土の広大さが認識された。日本でバイリンガルといえば、高いハードルがあるように感じるが、実はアジア各国ではさまざまな政治的歴史的地理的要因が絡んでめずらしいことではない。

日本で外国語教育の場で「中国語」というのは「普通話」(ふつうわ、中国語ではプートンホア)と呼ばれるもので、中華人民共和国が漢民族の共通語として作った言語である。「普通」は中国語で「普(あまね)くゆき渡る」を意味するそうだ。普通話は中国の公用語で、各民族も学ぶことが推奨されている。つまり学校で習う言語ということである。

実際モンゴル系と朝鮮系の中国人留学生がいたが、どちらも母語とは別に「中国語」を話すことができた。中国人だから、当たり前かも知れないが、受け留める私は少し衝撃を受けた。

私はこういう人にはよく「ものを考えるときは、何語で?」と訊くのだが、相手はちょっと考えて一応答えてくれるがはっきりしなくて、あらためて問われて困っているという感じだった。

頭の中で考えているときには言語は関係ないのかな。
 
台湾でも「中国語」を「国語」と呼び、学校で習う。ちなみに世界で一番多く話されていることばとのこと。うなづける。
 
出身によって家庭で話される漢民族のことばは、北京語、広東語、福建語、上海語、客家語、台湾語などまだまだあると思う。漢字の羅列は同じで読み方が違うのだろう、つまり言語の数が漢字の読みの数と等しいか、日本の方言ぐらいの違いと思いきや、まったく違う言語になるらしい。福建語を知らない中国人は福建語でおしゃべりしている人たちの会話はまったくわからない。
 
知人の女性は台湾ご出身で、家庭では台湾語で中国語は学校で学習したが、2つの言語を場によって自由に使い分けていたという。

別の台湾出身留学生は家庭では客家語を使い中国語を学校で学習し、日本留学のために日本語もマスターしていた。その女性の夫の母親は台湾語しか話せない人で、戦前日本の領土になっていたことから日本語を話せたらしい。だから二人は日本語で意思疎通をはかっていたと笑いながら語っていた。
 
このあたり日本に住むものの発想を超えていると思った。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-23 07:27 | アジア図書館

アジア図書館とタイ語


f0364260_08530375.jpg


いま大阪市東淀川区にあるアジア図書館の語学スクールではどこの国の言語の教室が人気があるのかしら。韓国語かな?


私がスタッフをしていた時期で1992年あたりは、圧倒的にタイ語だった。傍で見聞きしているかぎり、日本人にとって学習しやすい言語とは決して思えないのに、募集すると人は集まった。

いろいろな人が集まったけれど、会社勤め風の若い女性が多かったような気がする。あと個性的な生き方をしていたそれほど若くはない男性が少しという感じだった。若い女性が多いと教室が華やかになる。
 
タイ語はボールペンでためし書きをするときに描くらせん状の線のような独特の文字である。半月が横になったような線図がところどころ載っかっていて、愛嬌がある文字だなと思っていた。しかし、インドネシア語やベトナム語などの文字はアルファベットであることを考えると、文字習得だけでも時間がかかりそうだ。

その上日本語の場合は「、」があり、欧米の言語などは単語と単語の間にブランクがあって自由に一息つけそうだが、タイ語は中国語のように一つの文に切れ目がない。

だから初心者には、早々に学習意欲がそがれないように、文字をいきなり教えることはなかった。
では、発音はやさしいのかといえば、5種類の声調は決して日本人には学習しやすい言語ではないはずである。声調があって文字も見慣れないものなので、アジアの言語では日本人が学習するにはむずかしい言語の1つだと思う。
 
にもかかわらず習いたいと思わせるものがタイ語にはあった。一番の理由は、旅先でタイというお国柄に魅了され、次回行くときまでに少しぐらいのことばはしゃべれるようになりたいと思う人が多かったからだと思う。

中国や韓国のように意味のない偏見を持つという歴史的な経験がないし、「いまだ解決していない問題」と表現されるような政治問題もないから、魅了された後「疲れる」とか「裏切られた」という負の感情を持ちにくいことが幸いしていたと思う。
 
講師になってくれたタイの留学生は、ほとんど国費の留学生だった。顔立ちだけを見たら、中国人とほとんど変わらない。実際「中国系」であることを語る人もいたが、それでもタイ人としてのアイデンティティを持っていて、他の東南アジア在住の中国系と称する人たちとは違っているように感じた。
 
タイの歴史は中国系との接触なしには語れないが、接触の際生じる葛藤があまりなかったのではないだろうか。見識不足でこれ以上は語れないが、そんな気がする。
 
日本に留学するチャンスを得ることができるということは、本国である一定の階層出身者であることを表している。夏休みを利用して講師の留学生の家におじゃました生徒さんの一人から「ものすごく大きかった」という率直な感想を聞いたことがある。

クラスはアジアの貧富の差を学ぶ機会も提供していた。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-22 08:00 | アジア図書館

アジア図書館と語学書


f0364260_13293290.jpg


アジア図書館の運営を離れてるが、現在も狭い場所を借りて一覧できるように並べてあると聞いている。ここの図書のすばらしさを知っている者の一人として、広い場所があればどんなにいいだろうかと思っている。


個人的には、会員に貸出しもするが、図書館というよりもアジア図書関連博物館としてやっていけたらいいのではないかと思っている。紙の本は時代的にもう古いと部外者は考えているところ。


さて、アジアの言語の中で日本人が一番学習しやすいのは何語と思うかと問われれば、Koreanだと思う。韓国がもし漢字使用を止めていなかったら、もっと日本人から見ればなじみやすい言語になっていただろうと想像する。


はるか昔に大学の第二言語でドイツ語を勉強したことがあるが、あの労力の何分の一でそこそこ話せるようになるんじゃないかな。
社会にあった偏見が学習者を選んできた言語だ。


現在気軽に韓国へショッピングに出かけたり、韓流スターを追いかけたりする時代になって、娘の高校時代の友人の何人かはKoreanを好きで楽しんでいた。一昔前の偏見がないので、上達が早い。耳から学習しやすい環境も整ってきたというのも大きい。ただし、本人たちは英語の方もかなり出来る。語学習得の感性ってやっぱりあるのかな。


                        2010-09-01公開

先のエントリーでアジア図書館の蔵書は地域・国ごとに配架されていると書いたが、例外がある。各国の言語関係の資料(日本十進分類法では800番代の本)は一箇所にまとめて並べていた。冊数が多かったことと、語学スクールも運営していたことが関係していたかも知れない。

繰り返すが、アジア図書館の蔵書は市中に出回った古本か市民の寄贈本なので、偏りは否定できないが、世に出回った出版物の傾向は読めると思っている。

国別にずらっと並ぶので圧巻である。こういうふうに並ぶと、過去において国内でどこの国の言語のテキストが多く発行されたかが一目でわかる。何語が多いか? そう、中国語。
少しかじった程度の人を含めて、中国語の学習者は多かったはず。

意外に多いと思ったのは、日本語関係の実用書である。論文、作文、文章、日本語の書き方の類の本で、小説、エッセイ、短歌、俳句の作り方の本を加えると多い。

韓国・朝鮮語も少なくはなかった。大学図書館の蔵書と比べても見劣りするものではなかったと記憶している。「韓流ブーム」なんて想像もしなかった時代、この図書館に来る前の所有者がどんな人だったか考えると興味深い。

東南アジア各国の語学書は「アジアブーム」に乗っかるようにさかんに出版されていたが、古本として持ち込まれる数はまだまだ少なかった。

ゆっくり探せば、貴重な戦中戦前の出版物もあるはず。年代の古いものは、語学テキストというよりも「読みもの」として手に取ると、発見することがありそうだ。英語やエスペラントのテキストももちろん蒐集している。

私には、語学関係の本棚は、日本社会がアジア各国の言語にどう向き合ったかを表現しているように感じられた。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-11 14:50 | アジア図書館

中国の子どもの読み書き

f0364260_14171451.jpg


アジアからの留学生に講師になってもらい語学スクールを運営していた頃の思い出。1990年代始め頃かと思う。

*

こういう仕事を少ししていた経験があるので、今でもアジアで使われる言語の多様性に興味を持っている。

*

アジア地域で初等教育で習う言語と家庭で使われる言語がほぼ同じなのは、日本と韓国・北朝鮮ぐらいではないだろうか。この職場で発見することは多かった。
*



                   2010-11-11 公開

むかし中国人留学生から「日本語はひらがながあるからいいわ」と突然いわれたことがある。ちょっと感情が高ぶっていたので、授業中何かあったのか知れない(笑)。
私が「どうして?」と聞くと、「中国の子どもはしゃべることができても、読み書きができない。だから手紙なんて書けない」という。
なるほどと思った。

日本ではたいていの子どもは小学校に入学する前にひらがなは読めるし、早い子は書ける。小学校低学年で、漢字に読み仮名をつけてやれば、少々むずかしい文章でも読める子はめずらしくない。
ひらがなさえ習得すれば、手紙や、日記に自分の思いを綴ることができる。
「おかあさんが すきです」「おにぎりを たべました」「おとうさんと うみえ いきました」とか。
 
彼女は中国の子どもはある時期までそれはできないということを嘆いていた。「漢字ばっかりの国」のお国事情を密かに聞いたような気がした。

漢字は数が多いし、複雑な形の部分で構成されているし、画数の多さといい、学習するには圧倒的に不利な文字である。それを中国人自身から直接聞いたので、「ああ、やっぱりそうなんだ」と思った。
中国でも簡略化した漢字を考案したり、ローマ字化を試みているけれど、中国語はやはり漢字の世界である。

日本での「ひらがな・カタカナ」、朝鮮半島での「ハングル」が体系化されてきたのも、漢字が持つ不便さへの解決していくためだっただろうと思う。
こうなると、中国大陸を意識して、日本と韓国が「ひらがな・カタカナ」「ハングル」の歴史的作成努力を互いに讃え合ってもいいんじゃないかなと思った。

ところが、残念ながらかつて韓国では植民地時代に教育機関から「ハングル」の学習の場を奪われたという歴史を持っていることに気がついた。ちょっとややこしくなりそう。

ふと思ったけれど、中国ではパソコンや携帯に文字を打つときどうするのかな。日本語と同じようにローマ字入力だと思うけど、それができるようになるまで、やはり相当な学習時間がいるのではないだろうか。




[PR]
by far-east2040 | 2016-06-28 12:30 | アジア図書館