f0364260_19400785.jpg

「これは、中国人民解放軍の総司令官朱徳将軍の生涯の、六十歳の時までの物語である」


で始まるアグネス・スメドレーが実際に朱徳から聞き取りをしてアメリカで編集し、日本で阿部知二の翻訳で1955年に単行本として出版されたこの本がずっと好きだった。


アジア図書館がすべての蔵書を一覧できるように配架していた時期に、中国コーナーの天井に近い棚の上に納まっていた。

わざわざ台を持ってきて手に取るまでは時間はなかったので、とうとう眺めるだけで辞めてしまった。


単行本で記憶では全体に変色していたので、1955年に発行された本が中国に関心を持った読者の手を経てアジア図書館にやってきたことになる。

アジア図書館という場ではいろいろな本や文章に出会ったので、きっとこの本を推す真摯な文章を目にしたのだろう。

だからアメリカ人女性が書いたこの本のことを気にかけていたと思い出す。

用事があってその棚の近くにくると、見上げたりしたものだった。

その頃は朱徳のことはほとんど知らなかった。


実際に読んだのは、子育てが落ち着いた頃だった。

この本をアカやマルクス主義者、共産主義者というレッテルを貼って避けるのはもったいないぐらい中国の貧農の生活ぶりが細かく記録されていて、この種の歴史的記録文書として貴重な証言集だと思う。

直接農民から聞き取りをしているのだから、他には見当たらないだろう。


ラジオなど何もない時代、農民がどうやって外の世界の情報を得たかも、毎年定期的に泊っていく職人がもたらしたとわかって興味深かった。

たぶん東アジアの農耕民族は似たり寄ったりではないかと思った。

もちろん一人の英雄史、一人の男性史としても面白く読めた。


ベルギー人の母と中国人の父を持つハン・スーインが動乱の中国の現代史を家の歴史を絡ませてみずからが書いた「自伝的中国現代史」シリーズも興味深い本だった。

この本は当時の中国の特権階級の生活ぶりを通して中国の近現代史を読者にわかりやすく解説している。生い立ちから受けた自らの傷口を癒すために書かれていて感動する本だった。

この本は同じ女性ということもあって、大好きな1冊だった。


『偉大なる道』はハン・スーインと同じように客家出身ではあるが、貧農で本来ならば教育を受ける機会もなかったような朱徳から、アグネス・スメドレーが聞き取りをしていった記録になっている。

まだ革命途上にあった。


「あなたが農民だからです。いまのお国の十人の中の八人は農民です。しかも一人も、世界に向って自分のことを話さなかったのです。もしあなたが私に身の上話をして下さったならば、ここにはじめて農民が口をひらいた、ということになります」


とスメドレーから申し出を受けても、朱徳は最初は断っている。


「待ちなさい。もっと眼を広くして、色々な人に会ってから決めなさい」と。


そして他のもっと劇的な人物たちを勧められた。

しかしアグネス・スメドレーは「中国の農民は劇的ではないのだ」と思い、朱徳からの聞き取りを固執した。

彼女のいってることは正しく、農民しかも貧農の記録なんて過去においてなかったのだから、これは彼女の洞察がするどかった。


それとこの本の魅力は女性しかも文化の違うアメリカ人が聞き取りをしているところだ。男対女ということで、多少の照れや遠慮も働いただろうし、互いに共感するところもあり、この組み合わせは他にないのではと思っている。


出版に際してもアメリカではその頃マッカーシー旋風がアメリカ全土を覆い、彼女の本は危険な書物として一掃された。彼女自身の生きる場も追われるような状況にいた。


ところが日本では雑誌『世界』に翻訳が少し試しに連載されると高く評価され、連載が続き、出版までされ、朱徳の半生記が日本人には読まれることになった。

誰からも好まれる周恩来とはまた違った意味合いで、朱徳に敬愛の念を抱く日本人は多かったと思う。

私は一番あとからこの日本人の列に加わったことになるかも知れない。


アジア図書館の蔵書の中でアジアを知る1冊を選べといわれたら、人によっていろいろな読み方ができるこの本を挙げると思う。

話しはそれるが、北京オリンピックの開会式のイベントでは漢字の誕生あたりから表現していて、さすがに中国だと気よく観ていたが、毛沢東はもちろん朱徳たちの長征など建国の苦労がまったく触れられてなくがっかりした。
ここを無視したか。
かわいい女の子の口パク問題より残念で覚めてしまった。

ひょっとしたら根っこはいっしょの問題だったかも知れない。


ということで、アジアで圧倒的多数だった農民の生活を描き、欧米列強や日本にあれだけ蝕まれた国を再建するために、半生を革命に捧げた一人の英雄史として出版できた奇跡に感謝する。



[PR]
by far-east2040 | 2016-10-05 19:55 | 朱徳の半生


f0364260_11100412.jpg


市民団体が運営していたアジア図書館で働いていたときに出会い、一番いい影響を受けた本である。この本ぐらいの知的影響を受けたのが朱徳の半生を描いたアグネス・スメドレー著『偉大なる道』だった。こちらは棚の一番上に並べられていて、いつか読みたいと眺めるだけでとうとう読む機会がなかった。


子育てが落ち着いた頃だろうか、何がきっかけで読み始めたのか覚えていないが、読んでしまうとすっかり朱徳の人間性にはまってしまった。


大同小異のもと、病んだ自国を救おうとする人間の活動や情熱が好きだし、アグネス・スメドレーやハン・スーインのような仕事をしたかったんだと思う。

人生はいろいろなことをするには短すぎる。


なお、ハン・スーインの父方の祖母は太平天国の乱で有名な曽国藩の親友であり側近の娘だった。彼女の先祖は太平天国の乱ではみな体制側の人間として戦った勝者だった。



                                     2010-07-16 公開

ハン・スーイン著『自伝的中国現代史シリーズ』は全5巻で1冊1冊読み応えのある本である。なかでも第1巻の『悲傷の樹』は昭和45年10月発行で、私が一番好きな巻。かんたんに言えば、彼女の家の歴史を横糸にして激動する現代までの中国の歴史を綴った大河ドラマである。

欧米列強の侵略と軍閥の圧制に苦しむ祖国中国の歴史を映し出しながら、その中で成長していく彼女自身も描き出していく。そして彼女のような存在、つまりベルギー人の母と中国人の父を持つ者がどういう歴史的背景のもとに生まれたのかも明らかにしていく。

すでに作家として地位を確立したあとに、ライフワークとしてこの大作に着手している。中国の父方の縁故や友人知人を訪ね、またベルギーの母方の実家や親族を訪問して聞き取りや資料を集め、関係文書や記録を蒐集したことは書かれている内容の濃密さから充分伝わってくる。
その結果とても魅力的な時代の証言に出来上がっている。
この本で私は中国近現代史に興味を持ち、この基点にしていろいろな中国関連の文献に触れたように思う。
 
彼女は家の歴史を明らかにしていく中で「客家(ハッカ)」出身であることに触れていく。いわば封建社会の中での中国の巨大な被差別グループである。彼女は記録書で辿れる限り過去に遡って「客家」としての父系の家のルーツを辿っていく。
 
私が「東洋のユダヤ人」とも表現される「客家(ハッカ)」の歴史に関心を持ったのは、彼女のこの著作に負うている。同じ漢民族で、中国大陸内を移動することで形成された集団なのだが、人口規模も土地面積もヨーロッパの一国に相当し、スケールが大きい。

アジア図書館にも「客家」に関する書物だけでも、かなり蒐集されている。
また彼女自身の家庭の中でのポジションや父と母との関係に私自身と重なるものを見出し、一人の女性史としても興味深いものだった。
 
ヨーロッパから中国に嫁としてやってきたベルギー人の母も、「こんなはずじゃなかった」という失望の日々を繰り返す。そんな母親と思春期を迎えた彼女は家庭の中でぶつかる。外ではユーラシアンとして奇異の目で見られ、当時の医学書を開くとユーラシアンのことを「ばけもの」のように書かれていることを知り、心の中で悲鳴をあげる。

当時のたいていの混血の中国人は「差別」や「不利益」を逃れるように非中国人として生きることを選んでいった。彼女の兄や妹たちがそうだった。映画「慕情」の中でもそのことはよく描かれてる。
 
だが彼女はあえて中国人の道を選んでいく。さらに彼女のような地主階級出身者にとっては、受け入れがたい新しい中国へ変わる「変化」を理性的に受け入れていく。

若い頃に出会った思い出の本を問われれば、迷わずこの本を挙げる。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-08 22:38 | 生き方

f0364260_10354045.jpg


朝鮮戦争について書かれた優れたドキュメンタリーの存在は知ってたけれど、つらいので避けてきた感じがする。

朝鮮戦争はやっぱり北朝鮮側が先に仕掛けたのかな。いや、裏の裏はもっとややこしいかな。


二十代の若者だった父はこの戦争が始まったときはたまたま日本にいたので、「命拾いした」というのが正直な感想だったらしい。その後の戦局の情報を得ていたとき、「父母や弟妹が住む国が共産主義国家になるんだ」と将来を予測したときがあったという。


なお、この戦争で亡くなった民間人軍人の中には戦中の強制的に実施された徴用や慰安婦の件で重要な証言できる人もいたんではないかと思う。親日派の問題があるので、生存してても表には出難い面があっただろうとは思うが。




                            2010-09-27公開

子どものけんかも大人のけんかも、そして国のけんかである戦争もどっちが先に始めたかがよく問題になる。朝鮮戦争に始まり、ベトナム戦争、イラク戦争。たいていは始めた方だけではなく、他方も先に手を出していたかも知れない事情、或いは相手に先に手を出ささせた事情があったように思う。双方に言い分らしいものもあって、まともに付き合うと疲れてくるという教訓を得ている。
つまり権力者に関しては「どっちもどっち」と考えている。

さて、主人公ハン・スーインが朝鮮戦争の発端について書いているので抜粋する

香港の共産系新聞が彼らの観点から見た真実を発表するまでには、まる三日かかった。それは南鮮が北鮮に侵入したというものだった。
「アメリカ帝国主義のけだものどもは、国連の協議も待たずに朝鮮に侵入した。この侵略によって、アメリカはその世界征服の野望をはっきり暴露したのだ」
そして、なんといっても中国人はばかではなかったから、たとえあの小さな町の住民でもそうではなかったから、この新聞論調には首をかしげた。ここにおいて、はじめて彼らの新政府にたいする信頼は揺らいだのだ。

「二日前に、われわれはラジオで南鮮が北鮮に侵入されたと聞いた。ところがいま政府が言うのを聞くと、それは反対だという。それでいてなおいま南鮮を破竹の勢いで進撃しているのは、北朝鮮なのだ。だれかが嘘をついている。なぜわれわれの人民政府がわれわれに嘘をつくのだろう」
だがすぐにこれらの疑念は、アジア人にたいする白人の干渉への怒りに一掃されて姿を消した。
「いったいなぜアメリカは、朝鮮に自分たちの意志を押しつけなきゃならないのだ。朝鮮人はわれわれの兄弟だ。ひとつの国を二つに割って、それがまたひとつになりたいと望むのを、だれも阻止することはできないのだ」
というわけで、多数の中国人がアメリカに反感を持った。アメリカにはアジア本土の問題に干渉して、事情をいっそう悪くさせる権利はないと考えたからである。       (514~515ページ)


民衆の心理がマス・メディアの情報によって操作されやすいことも感じ取れる。
権力者の考えていることは、今とあまり変わっていないように思う。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-07 10:40 | 戦争




f0364260_13303411.jpg


この本も「もう読み返すことはない」と思い、数年前に手放した。


ベトナム戦争もそうだけど、朝鮮戦争には強い憤りを感じる。大国の裏で操る人たちの思惑で起こされた無意味な戦争だったと思っている。


ある会社が倒産したので管理職は全員撤退することになった。会社の運営をほとんど経験してこなかった残された者たちは業務引き継ぎもないまま会社の再建をすることになってしまった。そこへ大火が起こった。と私にはこんな風に朝鮮戦争は例えられる。


父の親族があの時代をどう生き抜いたのだろうかとも思う。

この戦争が起こらなかったら、父は多分日本にいなかっただろうから今の私も当然生れていない。叔父の一人はこの戦争に従軍して負傷した。


因みに主人公の恋人マークはイアン・モリソンというイギリス人特派員で、東洋文庫の基礎になったモリソン文庫を創った人の息子とどこかで読んだが、多分正しいと思う。



                                     2010-09-24 公開


手元にある文庫本『慕情』(角川文庫)は、アメリカ映画「慕情」の原作“A Many-Splendored Thing(多くの輝けるもの)の全訳である。原作の刊行は1952年で、日本では深町真理子さんが翻訳して1970年に発行されたものである。映画自体は1955年に公開されている。

物語は香港を舞台にした1949年から1950年にかけての激動の時代の出来事をラブストーリーを織り交ぜながら描いていて、映画とは一味違う。

個人的にこの本が好きなのは、主人公の恋人マークが従軍記者として朝鮮戦争を現場で見ているからである。
主人公ハン・スーインは同じアジア人としてのコリアンの受難を憂い、マークは恋人と同じアジア人としてのコリアンを気にかけている心情が手紙で綴られている。マークが、コリアンが地上から消えていくのではないかと綴る箇所は胸をつぶれる思いがする。
良心的な外国人が見聞した朝鮮戦争の記録も含まれている作品と考えると、珍しいものに思える。

当時の香港は外国の特派員や記者が多数集まり「アジアの十字路」とか「竹のカーテンの隙間」といわれていたという。中国では反米運動が高まり、難民が香港や台湾に逃げてきていた。一方が「共産主義の脅威」をいい、他方は「帝国主義の戦争欲」と非難しあう政治的緊張が続く社会が綴られて、東西冷戦時代の幕開けというものだろうか。

そんな中で主人公が戦争が始まったことを知ったときの様子が印象に残っているので抜粋する。

わたしたちはベイ・ホテルのベランダで昼食をとった。そのとき、べつのテーブルにいた肥った禿げ頭の男が、こちらに身をのりだし、アンに言った。
「ニュースを聞いたかね。アン?」
「いいえ」
「朝鮮だ。北鮮が南鮮に攻めこんだ。ゆうべ38度線を越えて侵入したそうだ」
「まあ」アンは言った。「じゃあ戦争ね」
「アメリカ軍がぞくぞく戦線に向かっている」肥った男はいった。「アメリカにとっちゃありがたい話さ。めんどうな宥和政策なんてものがいらなくなってね。まあ見てるがいい。いまいましいロシア人どもに一泡吹かせてみせるから」

つづく数日間は、わたしにはぼんやりした悪夢の連続でしかなかった。歓呼と狼狽と予言とのごった煮が、四方からわたしに襲いかかった。一部の人のなかには、不穏な、不確かな平和という退屈から、やっと解放されたという開放感、とにかくこれでどちらかに結着がつくという一種の安堵感があるのをわたしは認めた。……
(512~513ページ)







[PR]
by far-east2040 | 2016-07-06 10:07 | 戦争

f0364260_11202439.jpg


数年前から本についても断捨離をしているので、この女性の本はもう手元にない。2012年に96歳でスイスで亡くなったという訃報を得て感慨深いものがあった。


1916年にユーラシアンとして中国で生れ育ったけれど、中国人としても西洋人としてもはまりにくい位置から想像以上に生きにくかったことを自伝を読めばわかる。

例えば西洋人の母親と自分たち子どもたちを他の西洋人紳士が動物園の珍しい動物を見るかのような眼差しを向けてきたこととか。

結局彼女は時代の波に翻弄されて内面をつぶされていく兄や妹二人とは決別して、カトリックも捨て、中国人として生きるという選択をしていく。


現在のアジア図書館の運営から離れて久しいので、現在のことはよくわからないが、中国コーナーにきちんと全巻並んでいるはず。こんな図書館他にないと思う。




                                       2010-07-15 公開

アジア関係の本を収集している「アジア図書館」という民間図書館で働いていた時期がある。多分野に渡る本に囲まれていたが、働いていると、さほど好きな本に手を延ばし読むという時間はとれなかった。
しかしここでなければ出会えたなかったように思える本はあった。

アメリカ映画の「慕情」をご存知の方は多いと思う。
私のように中年以降の方かな。イギリス人と中国人のハーフである美しい女医とアメリカ人男性との香港を舞台にした悲恋物語。女優ジェニファー・ジョーンズのチャイナドレス姿を思い出す方も多いかと思う。私は彼女の古風な黒い水着姿とたばこを介したラブシーンの方が印象的。この映画の原作は、実際はベルギー人の母と中国人の父とのユーラシアンであるハン・スーインという女性が書いた『多くの光彩を放つもの』である。

但し日本では『慕情』という書名で、映画の原作であることがわかるように発行されている。女医であるヒロインの名前もハン・スーインなので、記憶されている人も多いはず。悲恋のお相手はイギリス人男性。アメリカ映画として映画化された時点で、主人公の国籍はベルギーがイギリスに、恋人の国籍はイギリスがアメリカに変わっただろうか。

春秋社から出版された彼女の『自伝的中国現代史シリーズ』が忘れられない本である。全5巻で、それぞれかなりのボリュームのある作品。中国史に興味をお持ちの方には、なかなか興味深い内容であることは保証する。
 
この図書館にどなたの手を経て辿りついたのだろうか。全巻は揃ってなくて第1巻から第3巻までしかない。3巻とも同じ所有者だったのか、別々のルートで縁があって並んだのかわからない。出会いを待っていられないので、第4巻、第5巻は書店で求めたので、わが家の本棚に納まっている。

アジア図書館は現在改装中らしいが、いずれはここに寄贈するつもりである。
 



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-04 11:27 | 生き方