『偉大なる道』と著作権

f0364260_07371638.jpg

前回の記事で書いたように、アメリカで1950年代に発生したマッカーシズムによって危険な書物として一掃された『偉大なる道』は日本では多くの読者に評価され一時よく読まれた。

現在はもう古本でしか手に入らないし、それもむずかしくなる日も近いような気がする。


この本の翻訳は大変な苦労をしている。

というのは原書が英語なので、英文学者の阿部知二が翻訳しているが、中国の人物、地名、制度習慣などは何人かの中国研究者の協力なしではできなかったと思う。

たとえば、この本にはいろいろな中国人が出てくるが、スメドレーは英語で書きとっただろう。翻訳ではそれを一つ一つ漢字にしていくと考えると、溜息出そうな作業に思われる。


私が気になっていたことの一つは、翻訳者の阿部知二が明治生まれの学者で男性だということ。

言葉遣いが現代から見れば、ちょっと古臭い感じがする。

女性が書いたものだから、翻訳者も女性の方がいいように思う。

それと個人的に文章は短文が好きなので、読点がたくさんある文を読んでいると、途中で切りたくなる。


そういうことがちょっと念頭にあって、いつからか、あくまでも個人的趣味の範囲で私の日本語でこの愛着のある本を改編して、ブログに公開したいと思ってきた。


果たしてこういうことをしてもいいのか調べてみたら、やはり著作権の関係で無理だとわかった。

個人的楽しみならば、いつでも許される。

たとえば、改編した文章を秘かに自分が読むとか、知った人に読んでもらうことかな。


著作権があるアグネス・スメドレーは1950年5月に亡くなっている。

翻訳者として二次的著作物の著作権がある阿部知二は1973年4月に亡くなっている。


日本での著作権の存続期間は、著作者の死後50年とされている。

50年は長いと思うが、決まっていることなので仕方がない。


アグネス・スメドレーの場合はおおよそ死後66年経っていて、50年+米国の著作権の戦時加算11年を過ぎているので大丈夫。

ところが、阿部知二は死後50年になるまであと7年ほどはかかる。

よって阿部知二の著作権切れまで勝手に改編してブログに公開することはできない。


但し、たとえ著作権は切れても、「著作者人格権」は存続するので、公開するときは「作者・アグネス・スメドレー、翻訳者・阿部知二、改編者・拙速迅尽」というようなクレジットを付ける必要はあるとのこと。


あくまでもこの本の良さを多くの人に知ってもらいたいがために、個人の趣味でやろうとしているので、クレジットを付けることは問題ないけれど、あと7年待つのは長すぎる。


今時期の天変地異を考慮すると、7年後もまずまずの健康を維持して自分が存在していることが保証できない。

因みに日本での出版時スメドレーはすでに亡くなっていた。


著作権の関係で、私があたかも朱徳から直接聞き取ったような臨場感を持って、現代の言葉でかつ女性的で自分好みの文章に改編してブログで公開するという夢は潰えた。


あと残された道は抜粋のみ。

常識の範囲内の抜粋は、本の紹介から売上につながる可能性があるので構わないらしい。


というわけで、常識の範囲内の抜粋を意識しながら、もう一度朱徳の歩いた道を読み進めようと思っている。

このブログを作った目的の1つでもあるので、少しずつ記事にしていこうと考えている。



[PR]
by far-east2040 | 2016-10-08 07:43 | 朱徳の半生

f0364260_19400785.jpg

「これは、中国人民解放軍の総司令官朱徳将軍の生涯の、六十歳の時までの物語である」


で始まるアグネス・スメドレーが実際に朱徳から聞き取りをしてアメリカで編集し、日本で阿部知二の翻訳で1955年に単行本として出版されたこの本がずっと好きだった。


アジア図書館がすべての蔵書を一覧できるように配架していた時期に、中国コーナーの天井に近い棚の上に納まっていた。

わざわざ台を持ってきて手に取るまでは時間はなかったので、とうとう眺めるだけで辞めてしまった。


単行本で記憶では全体に変色していたので、1955年に発行された本が中国に関心を持った読者の手を経てアジア図書館にやってきたことになる。

アジア図書館という場ではいろいろな本や文章に出会ったので、きっとこの本を推す真摯な文章を目にしたのだろう。

だからアメリカ人女性が書いたこの本のことを気にかけていたと思い出す。

用事があってその棚の近くにくると、見上げたりしたものだった。

その頃は朱徳のことはほとんど知らなかった。


実際に読んだのは、子育てが落ち着いた頃だった。

この本をアカやマルクス主義者、共産主義者というレッテルを貼って避けるのはもったいないぐらい中国の貧農の生活ぶりが細かく記録されていて、この種の歴史的記録文書として貴重な証言集だと思う。

直接農民から聞き取りをしているのだから、他には見当たらないだろう。


ラジオなど何もない時代、農民がどうやって外の世界の情報を得たかも、毎年定期的に泊っていく職人がもたらしたとわかって興味深かった。

たぶん東アジアの農耕民族は似たり寄ったりではないかと思った。

もちろん一人の英雄史、一人の男性史としても面白く読めた。


ベルギー人の母と中国人の父を持つハン・スーインが動乱の中国の現代史を家の歴史を絡ませてみずからが書いた「自伝的中国現代史」シリーズも興味深い本だった。

この本は当時の中国の特権階級の生活ぶりを通して中国の近現代史を読者にわかりやすく解説している。生い立ちから受けた自らの傷口を癒すために書かれていて感動する本だった。

この本は同じ女性ということもあって、大好きな1冊だった。


『偉大なる道』はハン・スーインと同じように客家出身ではあるが、貧農で本来ならば教育を受ける機会もなかったような朱徳から、アグネス・スメドレーが聞き取りをしていった記録になっている。

まだ革命途上にあった。


「あなたが農民だからです。いまのお国の十人の中の八人は農民です。しかも一人も、世界に向って自分のことを話さなかったのです。もしあなたが私に身の上話をして下さったならば、ここにはじめて農民が口をひらいた、ということになります」


とスメドレーから申し出を受けても、朱徳は最初は断っている。


「待ちなさい。もっと眼を広くして、色々な人に会ってから決めなさい」と。


そして他のもっと劇的な人物たちを勧められた。

しかしアグネス・スメドレーは「中国の農民は劇的ではないのだ」と思い、朱徳からの聞き取りを固執した。

彼女のいってることは正しく、農民しかも貧農の記録なんて過去においてなかったのだから、これは彼女の洞察がするどかった。


それとこの本の魅力は女性しかも文化の違うアメリカ人が聞き取りをしているところだ。男対女ということで、多少の照れや遠慮も働いただろうし、互いに共感するところもあり、この組み合わせは他にないのではと思っている。


出版に際してもアメリカではその頃マッカーシー旋風がアメリカ全土を覆い、彼女の本は危険な書物として一掃された。彼女自身の生きる場も追われるような状況にいた。


ところが日本では雑誌『世界』に翻訳が少し試しに連載されると高く評価され、連載が続き、出版までされ、朱徳の半生記が日本人には読まれることになった。

誰からも好まれる周恩来とはまた違った意味合いで、朱徳に敬愛の念を抱く日本人は多かったと思う。

私は一番あとからこの日本人の列に加わったことになるかも知れない。


アジア図書館の蔵書の中でアジアを知る1冊を選べといわれたら、人によっていろいろな読み方ができるこの本を挙げると思う。

話しはそれるが、北京オリンピックの開会式のイベントでは漢字の誕生あたりから表現していて、さすがに中国だと気よく観ていたが、毛沢東はもちろん朱徳たちの長征など建国の苦労がまったく触れられてなくがっかりした。
ここを無視したか。
かわいい女の子の口パク問題より残念で覚めてしまった。

ひょっとしたら根っこはいっしょの問題だったかも知れない。


ということで、アジアで圧倒的多数だった農民の生活を描き、欧米列強や日本にあれだけ蝕まれた国を再建するために、半生を革命に捧げた一人の英雄史として出版できた奇跡に感謝する。



[PR]
by far-east2040 | 2016-10-05 19:55 | 朱徳の半生

孫文と孫文記念館

f0364260_12584621.jpg

日本では孫文として知られているが、中国や台湾では孫中山、欧米では広東語のローマ字表記であるSun Yat-sen(孫逸山)として知られている。一旦定着したものを変えるのはむずかしいかも知れないが、孫中山で揃えた方がいいように思うが。


孫文記念館には3回ほど行ったが、料金は200円だったと記憶している。中国語を話す観光客が来てるときや中国語の講座もあるそうだが、普段はガラガラで必ずしもおもしろい場所とはいえない。イベントをするには小さすぎる空間だが、孫文を扱った珍しい映画などをときどき見せてくれたらいいのに。そうしたら、私は多分常連になりそうだ。


孫文については、私の好きな人物である朱徳は実際会っていてすごく誠実な人間だったとアグネス・スメドレーに語っているし、ハン・スーインはあの動乱の時代にあって誠実すぎたと捉えていた。


アジアの中の一員としての自分を発見する方法は人によっていろいろだが、私は教科書でしか知らなかった孫文を再認識することだった。


                                        2010-09-22 公開

アジア図書館を運営している団体「アジアセンター21」の代表をなさっていた方が、関西大学教授の山口一郎先生だった。辛亥革命の父と仰がれた孫文の研究家として知られていた。

兵庫県神戸市垂水区の明石海峡大橋の近くの舞子公園内にある孫文記念館の初代館長もなさっていた。この建物は八角形の中国式楼閣で「移情閣」と呼ばれていて、もともとは華僑の貿易商の別荘であったが、現在は国の重要文化財に指定されるにまでにいたっている。
山口先生を初めとする関係者の働きかけがあったからである。
私も一度だけ訪れたことがあるが、とてもかわいらしい建物で、海岸は目の前だった。

何度かアジアを囲む会という小さな講演会で孫文について講演していただいたが、私にはむずかしかった。孫文についてはほとんど知らなかったし、まして辛亥革命の歴史的意義ももう一つわかっていなかったからだった。

山口先生が参加者にできるだけわかりやすく語るその穏やかな口調を、スタッフとしての作業をしながら耳にしてきて、とても功績のあるえらい人なんだとは感じてきた。

大学生が「こんな初歩的な質問していいですか」と恥ずかしそうに前置きして、
「孫文って結局、右ですか左ですか?」
と質問してくれたとき、私が聞きたいことを聞いてくれた感じがした。
先生は「右でも左でもない」ということをていねいに説明されていて、ちょっと孫文に近づけた感じがした。

孫文は私は幕末の吉田松陰と高杉晋作を足して2で割ったような人物と考えているが、的外れかな。

アジア図書館を辞めてから、山口先生が学会出席のためにいた中国で亡くなられたことを知った。山口先生を思い出すと、そこでの仕事は孫文の理念の実践でもあったことを思う。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-12 13:08 | 生き方


f0364260_11100412.jpg


市民団体が運営していたアジア図書館で働いていたときに出会い、一番いい影響を受けた本である。この本ぐらいの知的影響を受けたのが朱徳の半生を描いたアグネス・スメドレー著『偉大なる道』だった。こちらは棚の一番上に並べられていて、いつか読みたいと眺めるだけでとうとう読む機会がなかった。


子育てが落ち着いた頃だろうか、何がきっかけで読み始めたのか覚えていないが、読んでしまうとすっかり朱徳の人間性にはまってしまった。


大同小異のもと、病んだ自国を救おうとする人間の活動や情熱が好きだし、アグネス・スメドレーやハン・スーインのような仕事をしたかったんだと思う。

人生はいろいろなことをするには短すぎる。


なお、ハン・スーインの父方の祖母は太平天国の乱で有名な曽国藩の親友であり側近の娘だった。彼女の先祖は太平天国の乱ではみな体制側の人間として戦った勝者だった。



                                     2010-07-16 公開

ハン・スーイン著『自伝的中国現代史シリーズ』は全5巻で1冊1冊読み応えのある本である。なかでも第1巻の『悲傷の樹』は昭和45年10月発行で、私が一番好きな巻。かんたんに言えば、彼女の家の歴史を横糸にして激動する現代までの中国の歴史を綴った大河ドラマである。

欧米列強の侵略と軍閥の圧制に苦しむ祖国中国の歴史を映し出しながら、その中で成長していく彼女自身も描き出していく。そして彼女のような存在、つまりベルギー人の母と中国人の父を持つ者がどういう歴史的背景のもとに生まれたのかも明らかにしていく。

すでに作家として地位を確立したあとに、ライフワークとしてこの大作に着手している。中国の父方の縁故や友人知人を訪ね、またベルギーの母方の実家や親族を訪問して聞き取りや資料を集め、関係文書や記録を蒐集したことは書かれている内容の濃密さから充分伝わってくる。
その結果とても魅力的な時代の証言に出来上がっている。
この本で私は中国近現代史に興味を持ち、この基点にしていろいろな中国関連の文献に触れたように思う。
 
彼女は家の歴史を明らかにしていく中で「客家(ハッカ)」出身であることに触れていく。いわば封建社会の中での中国の巨大な被差別グループである。彼女は記録書で辿れる限り過去に遡って「客家」としての父系の家のルーツを辿っていく。
 
私が「東洋のユダヤ人」とも表現される「客家(ハッカ)」の歴史に関心を持ったのは、彼女のこの著作に負うている。同じ漢民族で、中国大陸内を移動することで形成された集団なのだが、人口規模も土地面積もヨーロッパの一国に相当し、スケールが大きい。

アジア図書館にも「客家」に関する書物だけでも、かなり蒐集されている。
また彼女自身の家庭の中でのポジションや父と母との関係に私自身と重なるものを見出し、一人の女性史としても興味深いものだった。
 
ヨーロッパから中国に嫁としてやってきたベルギー人の母も、「こんなはずじゃなかった」という失望の日々を繰り返す。そんな母親と思春期を迎えた彼女は家庭の中でぶつかる。外ではユーラシアンとして奇異の目で見られ、当時の医学書を開くとユーラシアンのことを「ばけもの」のように書かれていることを知り、心の中で悲鳴をあげる。

当時のたいていの混血の中国人は「差別」や「不利益」を逃れるように非中国人として生きることを選んでいった。彼女の兄や妹たちがそうだった。映画「慕情」の中でもそのことはよく描かれてる。
 
だが彼女はあえて中国人の道を選んでいく。さらに彼女のような地主階級出身者にとっては、受け入れがたい新しい中国へ変わる「変化」を理性的に受け入れていく。

若い頃に出会った思い出の本を問われれば、迷わずこの本を挙げる。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-08 22:38 | 生き方

f0364260_11202439.jpg


数年前から本についても断捨離をしているので、この女性の本はもう手元にない。2012年に96歳でスイスで亡くなったという訃報を得て感慨深いものがあった。


1916年にユーラシアンとして中国で生れ育ったけれど、中国人としても西洋人としてもはまりにくい位置から想像以上に生きにくかったことを自伝を読めばわかる。

例えば西洋人の母親と自分たち子どもたちを他の西洋人紳士が動物園の珍しい動物を見るかのような眼差しを向けてきたこととか。

結局彼女は時代の波に翻弄されて内面をつぶされていく兄や妹二人とは決別して、カトリックも捨て、中国人として生きるという選択をしていく。


現在のアジア図書館の運営から離れて久しいので、現在のことはよくわからないが、中国コーナーにきちんと全巻並んでいるはず。こんな図書館他にないと思う。




                                       2010-07-15 公開

アジア関係の本を収集している「アジア図書館」という民間図書館で働いていた時期がある。多分野に渡る本に囲まれていたが、働いていると、さほど好きな本に手を延ばし読むという時間はとれなかった。
しかしここでなければ出会えたなかったように思える本はあった。

アメリカ映画の「慕情」をご存知の方は多いと思う。
私のように中年以降の方かな。イギリス人と中国人のハーフである美しい女医とアメリカ人男性との香港を舞台にした悲恋物語。女優ジェニファー・ジョーンズのチャイナドレス姿を思い出す方も多いかと思う。私は彼女の古風な黒い水着姿とたばこを介したラブシーンの方が印象的。この映画の原作は、実際はベルギー人の母と中国人の父とのユーラシアンであるハン・スーインという女性が書いた『多くの光彩を放つもの』である。

但し日本では『慕情』という書名で、映画の原作であることがわかるように発行されている。女医であるヒロインの名前もハン・スーインなので、記憶されている人も多いはず。悲恋のお相手はイギリス人男性。アメリカ映画として映画化された時点で、主人公の国籍はベルギーがイギリスに、恋人の国籍はイギリスがアメリカに変わっただろうか。

春秋社から出版された彼女の『自伝的中国現代史シリーズ』が忘れられない本である。全5巻で、それぞれかなりのボリュームのある作品。中国史に興味をお持ちの方には、なかなか興味深い内容であることは保証する。
 
この図書館にどなたの手を経て辿りついたのだろうか。全巻は揃ってなくて第1巻から第3巻までしかない。3巻とも同じ所有者だったのか、別々のルートで縁があって並んだのかわからない。出会いを待っていられないので、第4巻、第5巻は書店で求めたので、わが家の本棚に納まっている。

アジア図書館は現在改装中らしいが、いずれはここに寄贈するつもりである。
 



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-04 11:27 | 生き方

f0364260_09205491.jpg

こういう方に直接お会いできたこと今でもよかったと思っている。


祖国が解放された頃、亡父はふるさとに戻っていたので、広島から帰国してきた原爆被害者から直接原爆の恐ろしさを陜川(ハプチョン)郡のどこかで聞いている。

「電車が舞い上がった」と。

日本育ちの亡父は生々しい証言を聞いて、

「ああ、自分を育ててくれた日本がもうめちゃくちゃになったんだ」という感慨で胸がつぶれそうだったと。

機会があれば、知る人はもう誰もいないふるさとに一度訪ねてみたいと思っている。



                                      2010-07-16公開

在韓被爆者の救済に中心的役割を果たした「韓国の原爆被害者を救援する市民の会」の代表をなさっていた方である。

スタッフとして働いていたアジア図書館で企画した「アジアを囲む会」という集まりでお話しをしていただいたことがある。もう20年ほど前になる。テーマが硬いとやはり人の集まりは望めなく、この日もごく内輪の人の集まりになってしまった。

当時は「アジアブーム」といわれていた頃なので、テーマ次第では椅子が足りなくなるぐらい人が集まったので、裏方として申し訳ない気持ちでいっぱいだった。しかし松井さんはほとんど気になさらず、それまでの活動のあらましに始まり、当時何が問題になっていたのかを講演してくださった。
* 
講演後は車で来ておられたので、スタッフと近所の喫茶店でお茶をご一緒した。
ちょうど真向かいにすわることができたので、
「ふるさとは陜川(ハプチョン)郡なんです」
と普段口にしない故郷の名前を出すと、
「韓国の広島といわれているところですね」
と即座に返してくださったのだが、会話がとぎれてしまった。

私もふるさとが「韓国の広島」と呼ばれていることは知っていて、
「そうであったかも知れないけれど、そうではなかったという立場」をどう表現すればいいのか、どうしても運がよかったということになりそうな気がして、ことばが続かず失礼してしまった。ただ活動に対して敬服していることを一言いいたかったのだが。

1998年12月に70歳で亡くなられたことを新聞の小さな死亡欄の記事で知った。確か葬儀もなさらなかったと記憶している。偶然参加していた集会で司会をされていた、きりっとした痩身の姿を思い浮かべて、あの方らしい生き方でしめくくられたという印象を持った。
* 
現在でも、密かにこういうふうに生きたいと思っている方のお一人である。
* 
後日、植民地だった「満州」の大連で生まれ、戦後無教会派のキリスト者として活動をなされた経歴を知った。著作も多いので紹介させていただく。

 『台所の聖書』 (聖燈社 1976
 『わすれなぐさ』 (キリスト教図書出版社 1985) 
 『平和のパン種』 (東方出版 1993
 『死ひとつひとつ』 (松井昌次・松井義子追悼文集)(松井謙介編
                            番紅花舎(さふらんしゃ) 2003




[PR]
by far-east2040 | 2016-06-26 09:29 | 被爆