f0364260_16125279.jpg

2010年の8月15日にNHKで放送されたテレビドラマの特別番組だった。

「志願兵」ということばに引かれて観た。

このドラマは志願兵や徴兵のことを考えるのにすごくよかったという記憶があるので、6年前のものだけれど、ぜひ再放送してくれたらいいのにと思っている。


太平洋戦争の戦局が悪化する1943年、名古屋市の旧制愛知一中で3~5年生700人が海軍予科練への志願を表明する「総決起事件」にまつわる人間模様を描いていた。まず徴兵年齢に達していない、当時15歳だった青年を主人公にするドラマはめずらしいとも思った。

原案は江藤千秋の『積乱雲の彼方に - 愛知一中予科練総決起事件の記録』。

Wikiによるとあらすじは


太平洋戦争末期、エリートと呼ばれる愛知一中の生徒たちは戦局を冷静に見つめていたが、決起集会で状況は一変、全校生徒700人が戦争に行くことを志願する。その裏には軍の兵士不足解消の思惑があったが、少年たちの心は戦争へと飲み込まれていく。

そこには切り裂かれた少年たちの夢や友情、そして彼らを戦場に送らなければならなかった教師や親の葛藤があった


18歳だった父の「志願兵」にまつわるエピソードも聞いていたので、いろいろ想起することがあった。
1938年(昭和13年)に朝鮮人の青年を対象に「陸軍特別志願兵令」が施行されて、選考に合格すれば入隊することができた。父のように内地日本で育った朝鮮半島出身者は適した人材だったと思う。

というのは日本語が内地日本人と同じようにできるからだった。

父は1940年に旧制の高等農林学校に入学していて、在籍中の一年の担任から毎日ビラを渡されて「志願兵」になることを勧奨されていた。

父は帰宅すると、祖父に「志願兵になることをすすめられた」といってそのビラを渡していたが、「兵隊にするために学校に行かせてるんちゃう」といって祖父は無視していた。何回か続くと、とうとう祖父も黙っていられなくなって「先生は学校におるか」と父に確認すると、外出用の背広を着こんで学校に出向いたという。

このあたりの時代背景をイメージするのに『15歳の志願兵』はとても参考になった。
祖父は父の担任と学内の一隅で話しあいを持った。

話しの展開はわからないが、はっきりしていることは、祖父の方に説得力があったということである。

担任の勧奨は止まった。

祖父は父に「もっと勉強しろ」というふうに諭した。

父はのんびりした性格で、それまでは学年で「中の中」ぐらいの席順の成績だったのであるが、その日を境に必死に勉強するようになり「上」の席順をとるようになった。

祖父から父への申し送りに力を感じる。

さらにわかっている事実は、この担任は朝鮮半島の水原高等農林学校の出身で、この学校は現在のソウル大学農学部の前身であることと、祖父と祖母は父が生まれる前後に乳離れしていない長男を亡くすという経験をしていた。


それと後に父が朝鮮半島で就職できたのも、1年のときのこの担任の紹介だった。

父は卒業後一旦は東京の蒲田にある軍需工場の下請け会社に就職したが、専門も生かせないし展望が持てない日々を送っていた。

この担任からふるさとの朝鮮半島での就職を紹介できるので、いやなら戻ってきていいといわれていたらしい。


当時は戦中で兵力不足のため、それまで徴兵を猶予されていた高等教育機関に在籍する主に文科系学生の学徒出陣がなされていた時代だった。

1943年(昭和18年)10月21日に東京の明治神宮外苑競技場でよく写真で見る出陣学徒走行会がなされた。

さらに朝鮮半島出身の学徒にも当然対象が広がってきていた。なぜなら兵力の絶対的な不足があったから。



李光洙その後創氏改名して香山光郎と名を変えた有名な戦前戦中の作家がいた。この作家の朝鮮半島出身学生を集めた講演会が東京で開かれた。父もたまたま東京にいたので参加したのだが、もちろん時局の要請でなされた集まりなので、「戦争に行け」という内容だった。

因みにこの作家は朝鮮戦争中、北朝鮮側に拉致されて亡くなったらしい。


父の決断はあの担任と連絡をとって別の就職に望みをつなぐことで東京を出た方がいいということになった。

私のような世代の親たちはあの時死んでいたかも知れないという経験から免れていない。

蒲田周辺は東京大空襲で焼け野原になった所なので、父もあの時死んでいたかもしれないと語る過去の語りの1つになっている。


『15歳の志願兵』を観終わったあと、こんなことがぐるぐる頭の中を巡っていたのだと思う。

それから6年たったが、またもや戦争に向かいそうな時代になってきたことを憂慮している。



[PR]
by far-east2040 | 2016-08-09 16:27 | 戦争

f0364260_10354045.jpg


朝鮮戦争について書かれた優れたドキュメンタリーの存在は知ってたけれど、つらいので避けてきた感じがする。

朝鮮戦争はやっぱり北朝鮮側が先に仕掛けたのかな。いや、裏の裏はもっとややこしいかな。


二十代の若者だった父はこの戦争が始まったときはたまたま日本にいたので、「命拾いした」というのが正直な感想だったらしい。その後の戦局の情報を得ていたとき、「父母や弟妹が住む国が共産主義国家になるんだ」と将来を予測したときがあったという。


なお、この戦争で亡くなった民間人軍人の中には戦中の強制的に実施された徴用や慰安婦の件で重要な証言できる人もいたんではないかと思う。親日派の問題があるので、生存してても表には出難い面があっただろうとは思うが。




                            2010-09-27公開

子どものけんかも大人のけんかも、そして国のけんかである戦争もどっちが先に始めたかがよく問題になる。朝鮮戦争に始まり、ベトナム戦争、イラク戦争。たいていは始めた方だけではなく、他方も先に手を出していたかも知れない事情、或いは相手に先に手を出ささせた事情があったように思う。双方に言い分らしいものもあって、まともに付き合うと疲れてくるという教訓を得ている。
つまり権力者に関しては「どっちもどっち」と考えている。

さて、主人公ハン・スーインが朝鮮戦争の発端について書いているので抜粋する

香港の共産系新聞が彼らの観点から見た真実を発表するまでには、まる三日かかった。それは南鮮が北鮮に侵入したというものだった。
「アメリカ帝国主義のけだものどもは、国連の協議も待たずに朝鮮に侵入した。この侵略によって、アメリカはその世界征服の野望をはっきり暴露したのだ」
そして、なんといっても中国人はばかではなかったから、たとえあの小さな町の住民でもそうではなかったから、この新聞論調には首をかしげた。ここにおいて、はじめて彼らの新政府にたいする信頼は揺らいだのだ。

「二日前に、われわれはラジオで南鮮が北鮮に侵入されたと聞いた。ところがいま政府が言うのを聞くと、それは反対だという。それでいてなおいま南鮮を破竹の勢いで進撃しているのは、北朝鮮なのだ。だれかが嘘をついている。なぜわれわれの人民政府がわれわれに嘘をつくのだろう」
だがすぐにこれらの疑念は、アジア人にたいする白人の干渉への怒りに一掃されて姿を消した。
「いったいなぜアメリカは、朝鮮に自分たちの意志を押しつけなきゃならないのだ。朝鮮人はわれわれの兄弟だ。ひとつの国を二つに割って、それがまたひとつになりたいと望むのを、だれも阻止することはできないのだ」
というわけで、多数の中国人がアメリカに反感を持った。アメリカにはアジア本土の問題に干渉して、事情をいっそう悪くさせる権利はないと考えたからである。       (514~515ページ)


民衆の心理がマス・メディアの情報によって操作されやすいことも感じ取れる。
権力者の考えていることは、今とあまり変わっていないように思う。



[PR]
by far-east2040 | 2016-07-07 10:40 | 戦争




f0364260_13303411.jpg


この本も「もう読み返すことはない」と思い、数年前に手放した。


ベトナム戦争もそうだけど、朝鮮戦争には強い憤りを感じる。大国の裏で操る人たちの思惑で起こされた無意味な戦争だったと思っている。


ある会社が倒産したので管理職は全員撤退することになった。会社の運営をほとんど経験してこなかった残された者たちは業務引き継ぎもないまま会社の再建をすることになってしまった。そこへ大火が起こった。と私にはこんな風に朝鮮戦争は例えられる。


父の親族があの時代をどう生き抜いたのだろうかとも思う。

この戦争が起こらなかったら、父は多分日本にいなかっただろうから今の私も当然生れていない。叔父の一人はこの戦争に従軍して負傷した。


因みに主人公の恋人マークはイアン・モリソンというイギリス人特派員で、東洋文庫の基礎になったモリソン文庫を創った人の息子とどこかで読んだが、多分正しいと思う。



                                     2010-09-24 公開


手元にある文庫本『慕情』(角川文庫)は、アメリカ映画「慕情」の原作“A Many-Splendored Thing(多くの輝けるもの)の全訳である。原作の刊行は1952年で、日本では深町真理子さんが翻訳して1970年に発行されたものである。映画自体は1955年に公開されている。

物語は香港を舞台にした1949年から1950年にかけての激動の時代の出来事をラブストーリーを織り交ぜながら描いていて、映画とは一味違う。

個人的にこの本が好きなのは、主人公の恋人マークが従軍記者として朝鮮戦争を現場で見ているからである。
主人公ハン・スーインは同じアジア人としてのコリアンの受難を憂い、マークは恋人と同じアジア人としてのコリアンを気にかけている心情が手紙で綴られている。マークが、コリアンが地上から消えていくのではないかと綴る箇所は胸をつぶれる思いがする。
良心的な外国人が見聞した朝鮮戦争の記録も含まれている作品と考えると、珍しいものに思える。

当時の香港は外国の特派員や記者が多数集まり「アジアの十字路」とか「竹のカーテンの隙間」といわれていたという。中国では反米運動が高まり、難民が香港や台湾に逃げてきていた。一方が「共産主義の脅威」をいい、他方は「帝国主義の戦争欲」と非難しあう政治的緊張が続く社会が綴られて、東西冷戦時代の幕開けというものだろうか。

そんな中で主人公が戦争が始まったことを知ったときの様子が印象に残っているので抜粋する。

わたしたちはベイ・ホテルのベランダで昼食をとった。そのとき、べつのテーブルにいた肥った禿げ頭の男が、こちらに身をのりだし、アンに言った。
「ニュースを聞いたかね。アン?」
「いいえ」
「朝鮮だ。北鮮が南鮮に攻めこんだ。ゆうべ38度線を越えて侵入したそうだ」
「まあ」アンは言った。「じゃあ戦争ね」
「アメリカ軍がぞくぞく戦線に向かっている」肥った男はいった。「アメリカにとっちゃありがたい話さ。めんどうな宥和政策なんてものがいらなくなってね。まあ見てるがいい。いまいましいロシア人どもに一泡吹かせてみせるから」

つづく数日間は、わたしにはぼんやりした悪夢の連続でしかなかった。歓呼と狼狽と予言とのごった煮が、四方からわたしに襲いかかった。一部の人のなかには、不穏な、不確かな平和という退屈から、やっと解放されたという開放感、とにかくこれでどちらかに結着がつくという一種の安堵感があるのをわたしは認めた。……
(512~513ページ)







[PR]
by far-east2040 | 2016-07-06 10:07 | 戦争